クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

バックアップ・スタッフ|インド・ツーリング

a0010971_11391430.jpg

インドツーリングのバックアップ・スタッフです。
サポート・スタッフと言う言葉が親しみやすいかもしれません。

【左】:ソハン さん
現地総合責任者、日本語べらべらです。

【中】:ジーランダー さん
ソハン さんの部下でバックアップ・カーのドライバーです。

【右】:モンナ さん
バイク・ショップ社員で、ツアーではメカニックを担当。

インドでのツアーは種類がたくさんありますが、総じてインド人との触れ合いが無い旅は面白みに欠けるでしょう。
インド人とのやりとりは多かれ少なかれ冗談のやり取りになります。
演芸場へ行って入場料を払ってコメディアンの評価をするのとは異なる、ご自身が冗談の渦の中に巻き込まれるリアリティーの世界です。

時にボケであり、ツッコミである・・・
真剣そのものの心理状態から突然笑いの世界にトランスすることもあります。
「気が付けば自分が主役・・・」腹の底から笑いが湧いてくることも。
怒りも冗談に、悲しみは多分ないでしょう。

こんなに面白い国は中々見つけにくいです。
簡単には説明できないので徐々にと思っております。



【例】
ある列車内で私は通路側の席に座りました。
窓側は10歳前半の女の子の一人旅。これ自体凄い!
私は日本から持参した日本酒を飲みました。
すると女の子が険しい顔で
「それ何の匂い?」
「ああ、これはジャパニーズ・ワインだ。」
「ここは一等よ!お酒はやめてくれる!」
「アイ・アム・ソーリー!」

直後に食事が配膳されました。
隣の女の子にも・・・・・
可哀そうにその子は私へのクレームで心はイッパイ・イッパイだったのでしょう。
トレイを掴み損ね、トマト系のスープを自分のサリーにこぼしてしまいました。
相当焦った動作でした。
見かねた私は持っていたティッシュを彼女に渡し、彼女は黙って受け取り、汚れを拭き取っていました。

THE END


この物語はこれだけでは面白くもなんともありませんが、後から思い返すとほのぼのとした笑いがこみあげてきます。

インドの少女に「あっぱれ!!」

さて、ボケは私でしょうか? インドの正義感強い少女でしょうか?
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/11868838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-01-08 12:08 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour