クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

マネータウン

あるドイツ人紳士が言ってました。
「フランクフルトには住みたくない。あれはマネータウンだ。」
ちらっと訪れましたが、東京の町で感じるものと同じ気分しか得られませんでした。
少しはゼーゼマン家、クララ、ロッテンマイヤー女史を感じられるかと思いきや、まったく・・・・

個人的に大都会を旅先として設定することは最近ありませんが、パリは素晴らしい街です。
人が人として生きて行けるような人間味と言うか、温かみと先端のアート感覚らしきものを垢抜けない私でさえ感じました。
若い頃原宿や青山の街並みが素晴らしくきれいに見えたのと同じ感覚かもしれません。
a0010971_926971.jpg
昼間のパリ。
モンマルトルの丘からのパリです。

a0010971_928824.jpg
夜のパリ。
凱旋門です。



[コバユリと走ろう!125cc ピクニックツーリング in フランス]では到着翌日の午前、なんと、「セーヌ河沿い世界遺産街道-コンコルド広場-凱旋門-エッフェル塔-ノートルダム寺院-オペラ座など、憧れのパリを象徴するスポットをバイク」で訪れます。

フランスはラテン系の国民性ですので昔の東京をイメージさせる交通状態です。
車の間をすり抜けるバイクは頻繁にあり、ロータリーでは口論も聞きました。
そんな中バイクで走ることができる理由はパリを知り尽くしたガイドがいるからこそ、そして「女性の皆さんにぜひ美しいパリの街をバイクで走っていただきたい。」という情熱があるからこそ実現可能です。

土曜の午前の静かな時間を選んで、皆様はスロットルを軽くあけながら、美しいパリの町に紛れ込んでいただき、本家本元の凱旋門、憧れのオペラ座、夢にまで見たシャンゼリゼ、麗しきセーヌの畔を走ります。

当ツアーは取材ツアーとなりますので、永久不滅の思い出として記録されます。
日本で初めてのパリとパリ近郊を走るガイド・ツーリングです。

ご参加頂ける最大人数は保安も理由ですが、1テーブルを囲んでガイドがすべてのお客様のお話をお聞きし通訳できる状態を想定しています。
ガイドの杉山氏は同時通訳士と言ってもいいくらいの語学力と相互のコミニュケーションを図ろうという熱意を持っていますので、お客様はまるで自分がフランス語の耳と口をもったかのような気分になるでしょう。

フランス、パリでなければできない内容のツーリングであり、主役は「マダム&マドモアゼル」の皆さんです。

バイクツーリングを職人の作品から芸術作品にと願う旅・・・・


粋を自負される男性の皆様もぜひご期待ください。
新しいバイクツーリングの誕生です。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/12245157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-03-09 10:02 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour