クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

精神的アドベンチャー

「自分で行きたくて選んだ旅なのに出発日が近づくにつれてだんだんブルーになってくる。」

そんな旅をお届けして18年目に入りました。


アドベンチャー=冒険とは何か?
それは未知の世界へ入って行く行為・・・・・
そしてアドベンチャーにはランク付けはありません。
ただ、大がかりであったり、珍しい行為には世間の評価が発生するだけです。
従って幼稚園生にもアドベンチャーはあり、我々庶民にもアドベンチャーはあります。
何も、北極点や深海や高所山岳登攀だけがアドベンチャーとは言えません。
アドベンチャーとは他人と比較、ランク付けできないものです。

a0010971_9434140.jpg
天空の道、レー/マナリ・ハイウェイ・・・・・5000mの峠を二度越える世界一のアルパイン・ハイウェイのバイク旅です。
高山病の不安に悩まされます!!
それでも旅人は行く。

a0010971_9452247.jpg
真夏のカンボジア、ウォーター・ロードです。
6月に始まるレイン・シーズンは8月下旬からメコンの水量を最大限に押し上げます。
水たまりは池になり、道は川になり、メコンの土手からはちょろちょろと水が流れ出ているそうです。
まあ、カンボジアへバイクで行くこと自体アドベンチャーになるでしょう。
地雷、マラリア、テング熱、銃器氾濫、鳥インフルエンザ・・・・そんなネガティブな情報しかない可哀そうな国。
お金がない国の情報は視聴者の不安をあおる情報が主に発せられます。
その方がビジネスになるからでしょうね。
ただ、カンボジアは私はモンゴルと対極をなす、オフロード・ツーリングにベストな国の一つだと信じています。


a0010971_1041399.jpg
カンボジアの北部、プレアビヘア州のジャングルにて・・・・
ライダーはガイドと二人で旅をなさり、最後は完全ソロ・ツーリングで南部のシーサイド・ツーリングをお楽しみいただきました。
北部ジャングルを走破するアドベンチャーとその後のR&R=rest and relax ツーリングです。
メリハリが利いた旅でしたね。


a0010971_1072859.jpg
ノーザン・タイランド"エンデューロ1"ツーリングにて。
隣はガイドのユーテンです。
ウォルフガングと三人旅でした。
ノーザン・タイランド・ツーリングはライディングもややアドベンチャー、白人の中に入るという意味で精神的にもアドベンチャーです。
ただ、それらはご参加いただくそれぞれの皆様の感性と趣向がお決めになることで、私がどうのこうの論評できるものではありません。


a0010971_10103998.jpg
この旅もアドベンチャーでした。
精神的なアドベンチャーです。
そして女性ならではのフィードバックにしばらく釘付けになったことを覚えています。
「ガールズ・トーク」と言う言葉がありますが、「ガールズ・トラベル」と言う言葉ができてもおかしくないと、彼女たちの旅をみて思いました。


[〆]
当社は旅行代理店であり、バイクツーリングはその中の一つの旅の形態です。
当然、競技や競技的なツアーはご案内できませんし、絶対に致しません。
しかし、アドベンチャーは体力的、技術的なものに加え、精神的アドベンチャーがあります。
精神的アドベンチャーを感じる旅は身体的なリスクが低いため、l積極的にご案内させていただいております。

今現在、「125cc ピクニック・ツーリング in フランス」と言う、見た目ライトなツーリング・プランを今年一番の仕事として進めておりますが、この旅もアドベンチャー精神を盛り込んでいます。
そしてなぜか想定外の良いことに恵まれ、出発を待つばかりです。


今までたくさんの有能な皆様と出会い、支えられております。
そしてたくさんの心ある旅人に支えられて今がございます。

すべての皆様に申し上げたいことは、皆様のアドベンチャー精神を触発し、壁を越えて、その向こうにある、壁を越えた方しか得られない金脈を掴んでほしいと願っています。

「出発が近づくになるにつれ、ブルーになってくる・・・」

今もそんな心理を抱きながらも壁の向こうに辿り着き、楽しんでいる方がいらっしゃいます。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/12872463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-06-13 10:30 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour