クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

狩猟とは・・・・・

a0010971_9315293.jpg
これは絵ではございません。
ある作業を撮影した写真ですが、オープンにするには、やや問題があるのでフィルターを通してご覧いただきます。

ヒントは「クロテン」です。


日本人はクジラを捕獲し、余すところなく生活に利用してきました。
西洋人が油目的で捕獲したことと異なります。
かの有名な作家「CWニコル」氏も有名な小説に書いている通り、日本の捕鯨は伝統的な、命がけで行うカルチャーであったのです。

エスキモーのアザラシ狩り
大間のマグロ一本釣り

これらは命がけで行う、生きて行くために大きなハンデを与えられながら行う狩猟であり、インドやロシアで行われた遊び半分、自己満足や射幸心をベースにしたゲームハンティングで行った虎の大量殺戮とは違いますね。


森の狩人、デルスウザーラはクロテンの毛皮でキャッシュを得ていました。
そのキャッシュは主に銃の弾を購入するために使われ、その銃を使う時は最低限の食料を得るために限定されました。

同じハンティングでも心の持ちようと用途が全然違いました。

私はゲーム・ハンティングに大きな反発はしませんが、自分が動物を銃で撃ち殺す気持ちにはなりませんし、絶対にそれを行うことはないでしょう。

ただ、心あるハンターが行う、意味のある、合法的な狩猟には同行し、見学したいと思っています。
タイガの森、ファーイースト・ロシアにはそのチャンスがある気がしています。


ぜひ読んでいただきたい書籍とご覧いただきたい映画&書籍

デルスウザーラ BY 黒澤明

勇魚&その他 BY CWニコル


CWニコルはたくさんの書籍を書いています。
もしもタイガの森に興味を抱いている方は、彼の本の何冊かをお読みいただければより面白い発想が得られる気がします。
彼がなぜ日本に住みつき、国籍を取得したのか?

その根本は世界の野性を知りつくした男が辿り着いた「魅力的な日本の森」にあります。

森は遠くから見ると変化に欠けた風景でしかありませんが、その中にはたくさんの物語が実際に起きています。
私はそれを肌で感じました。
その結果が下記のツアーの発想にあります。

タイガの森の物語
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13081733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-07-15 09:55 | タイガの森 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour