クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

オフロードとは未舗装の道

あれはもう8年も前・・・・

2003年3月でした。
初めて訪れたカンボジアと言う国。
バイクツーリングをするためにやってきました。

カンボジアはインドシナの中でも経済的な進度が遅い国です。
カンボジアより遅い国は軍事政権のミャンマーと海を持たない唯一のインドシナ国家、ラオス位でしょうか?
しかし、経済的な進歩が遅いという状況がオフロードツーリングには長所になります。
未舗装の道がたくさんあるからです。


オートバイ乗りでない皆さんやオフロードをご存じないライダーの皆さんはオフロードと言う言葉から何を連想するのでしょうか?

モトクロス?
パリダカ?
アクロバティックな派手な走り?

しかし、これらは一つのオフロード・ライディング・シーンでしかありません。

オフロードとは、自然の道、または簡単に人の手が入った未舗装の道であり、人間が自然に作った、"道"本来の姿なのです。

多分、日本には未舗装路が近い将来ほとんどなくなるでしょう。
そうなるとオフロードは外国でしか楽しめない贅沢な道になるのかも?


気に障るかもしれませんが、繰り返します。


モトクロスやXゲームやパリダカなどの派手なアクロバティックなオフロードバイクとバイクが走るシーンはオフロード全般の一部であり、すべてではありません。
オフロードをオートバイで走ることは、走り方と自分自身をコントロールすることにより、自動二輪免許を持っていらっしゃる方ならば誰でも走れます。


カンボジアのオフロードの写真を二枚ご覧いただきます。
a0010971_1528036.jpg
カンボジア南部の写真です。
こんなところをバイクでのんびり走るとサイコーに幸せな気分になります。
できればオンロードで同じような道を探して走ってみてください。
道幅が狭くて両脇直ぐ近くに自然がある道。
気持ちをお分かりいただけるはずです。


a0010971_15311050.jpg
優しく、自転車ライダーを労わっての走行・・・・・
原動機が付いてるか居ないかだけの違いで、お互いがオープンエアーで同じ空間にいることを感じ、共感を得る時。


以上のような話を結構以前から申し上げてきましたので、時々反感を買ったりや嘲笑を浴びてきました。

しかし、今は多くの理解者に恵まれ、時代の流れも上記のようなオフロードを楽しむ時代が訪れたと思います。

レースはレースで存在することは大歓迎ですし、ライダーの素晴らしい技術や精神は尊敬しています。

でも誰でも簡単に楽しめる身近なオフロードも根強いものとして残していきたい。。
リスクをできる限り排除したハッピーなオフロード・ライディングをこれからも私なりにアピールしていきたい、そして多くの皆様に知らなかった快感を体験していただきたいと思っています。


ハッピー・オフロードが感じられるサイト
・コバユリSP
・時子のエンジョイオフロードライフ
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13136862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-07-25 15:48 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour