クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

オフロード

モンゴルのオフロードです。

場所はヘンティー山中、時期は7月下旬です。


a0010971_123864.jpg
オフロードは人間が作った道と野生動物が作った道があります。
野生動物が作ったオフロードを日本語では獣道、英語では「animal path」と言うそうです。

人間が作ったオフロードは英語で何というか分りませんが、造語では「ヒューマン・オフロード」と呼ばれています(笑)

写真のオフロードは車のワダチであることは一目瞭然です。
こんなところを行き来する車もモンゴルにはあるのですね。



a0010971_1243570.jpg
こちらはワダチが浅いことが分ります。
あまりたくさんの車が通っていないのでしょう。

こういう道がハッピー・オフロードの一つです。
ハイキング気分でアクセルを開け閉めして速度をご自身の感性に合う程度に調整してください。
早く上手く走ろうとするのではなく、「楽しいな~♥」と感じられる速度に合わせていただきます。
一般的表現方法では「トコトコ」行く・・・・と言う感じです。


すると大自然がライダーである旅人を歓迎してくれます。

誰も信じてくれませんが、私はオフロードではっきりと見ました。

オフロードを走っていたある瞬間、強めのそよ風が吹いた時、周囲から朗らかな笑い声が聞こえました。

ふと左右を見回すと両脇の草木が風に揺れ、まるで手を振っているように見えました。

そして、更に草木を眺めていると、彼らは風に揺れながら、葉が満面の笑顔に変わり、私に微笑んでいます。

その笑顔と朗らかな笑い声は数分間続きました。

その間の幸福感は今まで味わったことが無い、心の底から突き上げてくるようなもので、天にも昇る心地でした。

残念ながら笑い声と笑顔は数分で消え、その後、何度も再来を強く待ち望みましたが、それが最初で最後でしたね。



実際に草木が笑うはずも、笑い声をあげるはずもありません。

多分、私の気持ちと走る速度が絶妙に大自然の未知の世界にマッチしたのでしょう。

宗教的、空想的な話で恐縮ですが、それ以来オフロードの旅を捨てきれずにいます。

あの幸福感はきっとまたやってくる・・・・・・・・・

そして同様の幸福感を感じていただける方がいらっしゃるはず。

我ながらおかしなことを話しますし、信じていただこうとは思いませんが、オフロードを走るということは、想像以上に幸せで楽しい世界です。

皆さんにも味わっていただきたいのです。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13142035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-07-26 13:10 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour