クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

カンボジア・ツーリングにカワサキ"シェルパ"登場!!

良いニュースがカンボジアから入りました。

現地サービスのソニアによりますと、新たなバイクとして「カワサキ・スーパー・シェルパ」を導入予定とのこと。
8月13日のツアーからご利用いただきます。
日本人顧客で最初にご利用いただく方はなんと女性です。
しかもご本人の申告では日常的にバイクはあまり乗っていない・・・・・・・とのことです。
要は異国の旅の手段としてバイクをお選びいただいたわけで、この点、当社の願いの一つが適ったケースと言えます。
更に他の白人ライダーの参加OKとのご了承をいただきました。
これも理想の一つなのであえてお知らせいたします。


カワサキ スーパー シェルパ 250
カワサキ オフィシャルサイト

weblio辞書

私の狭い知識ではアジア人で海外ツーリングをホビーとして楽しむ習慣がある国民は、ほぼ日本人だけです。
一部のリッチ層は海外ツーリングをするとのことですが、当社提携エージェントで日本人以外の国民を多数受け入れているサービスはございません。
それは国力と二輪の歴史文化によるもので、とてもレアな事実ですが、一つの問題は白人との体のサイズの違いです。

インドシナではXR250、CRM250などが主力ですが、あわせてDRZ400、そして極めつけはWR・・・・・
最も人気のセロークラスはほとんどありませんでした。

しかし、数年間、予想外の日本の皆様にご参加いただき、紳士淑女的に現地ガイドと接していただいた結果、現地サービスでは当社念願のセロークラスの導入に至りました。
カワサキ・シェルパ導入は日本の皆様だけを想定したアクションではないでしょうが、日本の皆様の参加が無くしてはあり得ない結果に違いありません。

現在は保有台数は1台だけですが、将来は状況を見ながら更に保有台数を増やしたいと申しております。



ところで、

カンボジア・・・・・・・・・・・・えっ?そんなところ行ってあぶなくないの?
と言う意見をたまにお聞きしましたが、危なくありません。

少なくとも人間が人間らしく生きられる社会です。

突然数十人もの若者を自分勝手な理由で葬るとか、
最新鋭の高速列車が衝突するとか、
止まらない放射線放出施設を抱えているとか、

そんな理解しがたい問題が起こる国ではありません。(言い過ぎがありましたら申し訳ありません。)


人が人として貧しいながらも幸せに生きて行ける国、社会をぜひこれからの日本を背負って立つ皆様にご覧いただければ何かの役に立てるのではと考えております。


カンボジア・ツーリング・小サイズ・バイクの歴史・・・・
a0010971_94887.jpg
ホンダ・ディグリー250。
こちらも多くの皆様にご利用いただきました。
オン・オフ兼用の車両で水冷です。
この車両は現地サービス自体は保有しておりません。
レンタルになります。

a0010971_9495014.jpg
ホンダCRF230。
レーサーっぽいアピアランスが特徴です。
小さめの車体で、軽いのですが、車高はそれなりにあり、足つきにやや難点がある方も大勢いらっしゃるでしょう。

a0010971_9514056.jpg
2011年8月に導入が決まったカワサキ スーパー シェルパです。
感想は後日お伝えできればと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13157956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-07-29 09:55 | トピックス | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour