クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ビギン

新しいことを始めることは事にもよりますが「不安・緊張・恐怖・興奮」などの心理との出会いとも言えます。

ただ、どう見ても嫌なこと、敬遠したいこと、危険なことなどを進んで始める人は大変少ないでしょう。

自らが新しいことを始めるその先には幸せ、喜びなどを想定するはずです。

それでも不安などの負の心理とお付き合いしなければならない・・・・・・

それが未知への世界への進入と言えるでしょう。



私がすべてのお客様の心理内面にまで入ることはできませんが、旅前のやり取りを通じて、旅の報告を聞いて、そして最近ではインターネットでお客様の内面を知ることができます。
ありがたやインターネット!

a0010971_1044165.jpg
彼女はインターネットではちょっと有名です?

yahoo、またはgoogleで「モンゴルツーリング」を検索いただくと上位に彼女のブログがヒットします。
私個人は大好きな落ち着いたデザイン、文がちりばめられています。
ぜひご覧ください。
とても的確でしかも参考になるはずです。



[tokyoshizukoさんのブログから引用]
初めてのオフロード、
初めてのキャンプツーリング、
初めての海外ツーリング。
朝起きたら、家畜がこんな感じで目の前にいるのも初めて。

全てがはじめてだらけの体験だったので、とても印象深い旅でしたが、
走りがメインのはずのツーリングで、バイク以外の体験も充実していたことも
思い出に残った理由の一つ。

たとえば、大草原で乗馬をしたり、ヤギや牛の乳搾りとかね。
でも、色々ある中でもとてもいい体験だったと思えるのは、
モンゴル衣装のデールを体験できたこと。
モンゴル人の知り合いがいない限りは、なかなか体験できないことなのでは。

バイクに乗っててもやはり女性はファッションが好きですね。
綺麗な衣装を見ると着たくなります。
デールごとに色や模様が違います。
特にこの下のデールは貴重。
こちらはゲルのお母さんが何か国から表彰された際に着たものだとか。
確かに、上のものと比べると刺繍もかなり細かく、綺麗。

1人分だけ現地スタッフの方がデールを持参していましたが、
幸運にも、残り3人分をゲルのお母さんが親切にも貸してくれました。
おかげで、ゲルの前でモンゴル人になりきって全員でポーズ。

そして、バイクツーリングを記念して、
デール+バイクでもポーズ。
このミスマッチの写真は本当に記念になりました。

モンゴルに行ってから既に3ヶ月が過ぎているというのに、
こんなに色々と鮮明に覚えてられるのは、
やっぱりいい旅だった証拠。次はどこにいこうかな。





初めてのオフロード、
初めてのキャンプツーリング、
初めての海外ツーリング。

とあります。
初めてのオフロード、キャンプ、国外でのバイクツーリング・・・・・・たくさんの初めてで埋め尽くされた旅・・・
a0010971_10545417.jpg
その彼女の雄姿?が写真の中にあります。

見た目で初めてかどうかは分りません。

ただ、限りなく広大な風景、美しい風景があり、大自然と融合できる日々がある。

モンゴル・ツーリングは全ての日本人の皆様に想像を超えた・簡単な言葉表現できない・喜びをお届けできると信じています。

旅行会社なんてものは、単に皆さんが旅をなさる道筋を作るだけであり、旅人の無事と喜びを願うことしかできません。
そう考えるとちょっと虚しいのですが、旅を終えた皆様の喜びをちょっとだけでも知ることができた瞬間の喜びは継続するための最大の原動力です。

オフロードかオンロードか?
初めてか熟練か?
女か男か?
若いか年輪を経ているか?
年収がいくらか?
独身か独身でないか?
社会保険か国民保険か?
喫煙か禁煙か?
アルコールを飲むか、飲まないか?
納税額、支持政党、宗教宗派を超えた世界。

現実的な区別を感じない、ただ人間であり、自然が好きであり、日本人である旅人による時の流れをモンゴルで共有いただければと願っております。

やや重くなりますが、ここは一つのメッセージ発信場所であり、他にたくさんのメッセージがご覧いただけますのでご容赦願います。

人生一度きり・・・・・・・・・・違う世界へぜひ!
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13301446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-08-17 11:17 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour