クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

コミニュケーションの難しさ

ある医療機関にて・・・・

「何か聞きたいことがあれば、いつでもどんどん聞いて下さい。」

「はあ・・・・・・」

「一人で悩んでいたってなにも解決しませんよ。」

「・・・・・」




「・・・・・・・」の部分の内心を暴露すると、

「そんなこと言ったって、皆さん忙殺されているし、何をどう聞いて良いかもわからないし、場違い的外れな質問や聞いても答えられない質問や、担当外、専門外の質問をした場合の気まずさや発生する悪感情を考えれば、おいそれと聞けないよな~」


そんなことを考えながら、頭を巡らせていくと、
「このコミニュケーションの難しさは、旅行会社を利用するお客様と旅行会社の間におけるコミニュケーションの難しさに重複するところがあるのではないか?」
と気づきました。


それから日本語と言う言語の特徴も「こうではないか?」と考えさせられました。

「日本語とは意思を伝えるために柔らかく、相手を傷付けないよう、不快感を与えないように伝える言葉なので、一つの意思を伝えるために時間がかかるのでは?だから会社では6時終業にも拘らず延々と深夜まで仕事が続く・・・・・?自分の意思を柔らかく相手に伝えるために時間をかけ、場合によってはお酒を飲みながらコミニュケーションを図る。」


ドイツ人は(その方の会社では)5時になると皆早々に帰宅するとのこと。
「決してそれはレイジーなんじゃない。集中して短時間に仕事を終わらせるのだ。」
と言ってました。
が、私はコミニュケーションに費やす時間が短くて済むのではないかと考えています。



a0010971_10181693.jpg
こちらのお二方とのコミニュケーションも難しいです。
永遠にお互いを100%理解することはできない気がしています。

でも、100%の意思疎通何てあり得ませんね。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13532774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-09-09 10:21 | 旅のコミニュケーション | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour