クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

モンゴル・ツーリング"秋"

a0010971_1502395.jpg
この写真は壮大です。
オリジナルはほれぼれする写真ですが、インターネットはそこが欠点。
やはり紙焼きに勝てません。
いつになったら勝てるのか?
勝てる日はやってくるのか?



そんなことはさて置いて、この写真も秋のコバユリと走ろう!モンゴルです。
画像から受ける雄大さはレディースをオリジンとするソフトイメージのツーリングに見えませんでしょ?
この画像と、「これがモンゴルツーリングだ。」との注釈を見ただけで一般人(?)が抱くイメージはどんな風だとお思いでしょうか?
私は結構エグイことやってるイメージに映ると感じています。
まさか小柄な、普通のライディング経験の女性が混ざって走っているとは思わないはずです。
難しいことをやっている特殊な人々だくらいで終わりじゃないかな?
ロッククライミングに近いイメージで見られているかもしれません。




まあ、しかし、だから面白いのです。


富士山と高尾山の違いをあまり感じない登山者が現れると同様のことになってはモンゴルツーリングの終わりは違いでしょう。
モンゴル・ツーリングがモンゴル・ツーリングであり続けるためには今程度の認知度であり続けた方が良いのかもしれないという奇妙な結論に至る今日でした。

明日は全然違う発想になるかもしれませんが予めご了承願います。


尚、モンゴルツーリングを生んだのは間違いなく静岡出身の大島博行氏です。
他の誰でもありません。
私は彼がクリエイトした基盤を守りながら、時代に合わせたイメージ作りを少々行っているだけであって、大きな変更は行っておりません。
大切な物、基本ってそんなに簡単に変えられるものではありませんので・・・・・・・・・・


そしてそれを痛切に感じた今年9月のモンゴルツーリングでした。



うーん、しかしコバユリツーリング参加して見たかったと思う、フィードバックを本日いただきました。
私、実はこの仕事していながら団体行動えらく苦手なんです。
具体的に言うと3人で2日が限界です。
仲のいい友達と北海道にスキーに行っても3日目からはうざっとくなります。
かなり自分勝手なのでしょうね。

そんな方もお勧めのツアーです(笑)

ビッグハートが合言葉ですね。




以上支離滅裂な文ですが、熱が引かずややトランス状態ですのでご容赦願います。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13833694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-10-18 15:35 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour