クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ニュー・ノーザンタイランド・ツーリング

新しいノーザンタイ・ツーリングの概要が参りました。

特徴は

1.日本発着5日間
2.日本語通訳同行
3.20万円を切るガイド・ツーリング
4.オフロード・デビューも可能なルート設定。オン&オフ・ツーリングです。
5.2名様から実施可能

となります。

また、ご参加いただける人数が多い場合は日本人スタッフが同行することも可能です。


ノーザンタイランドはオフロードの宝庫です。
どれだけたくさんのライダーがやってくるか分りませんが、オン・シーズンは結構な賑わいです。
多分西欧ではできない走りとエキゾチックな旅の魅力がミックスされている稀有なフィールドなのでしょう。
ですので欧米人ライダーを中心に活気あるフィールドとなっています。

私が提携しているお相手はタイ人でも日本人でもありません。
タイ人はスタッフとしてツアー運営に携わっていますが、マネージメント全般は難しいでしょう。
日本人がインドシナでバイクツーリングの受け入れサービスを、シーズン通して健全に運営できるとは思えませんし、実際に活気ある日本人サービスの話は知りません。
経営的に無理があるはずです。


以上、なぜ当社では日本人でもタイ人でもないオーナーが経営するサービスと提携しているかを、ほんの上っ面ですが、お知らせさせていただきました。
健全な経営はお客様の循環が有って初めて成り立ちます。
それがない組織は簡単に錆びついていきます。
趣味の延長でこなせる仕事ではございませんので・・・



a0010971_10221588.jpg
クニコさんの旅です。
白人の中に日本人一人・・・・
良い度胸してるとお思いかもしれませんが私が知る限り彼女は静かな普通の日本女性です。
ただ、オフ経験が豊富なことは言葉から想像が容易です。
お帰りになられて幾つか感想をいただきましたが、その中で印象に残っているものは
「昔の日本の林道がたくさん残っているフィールドでした。」



a0010971_10253511.jpg
クニコさん撮影・・・
「あの方々は社会的に成功している人が多く、大変落ち着いていて頭の回転が速い人々でした。お酒を飲んでいてもユーモアを欠かさず、トランプでマジックを披露したり、飽きませんでした。食事は現地で交代に払うシステムを取りましたが、私が払おうとしても既に会計はいつも終わっていました。あまりにも申し訳ないので、最後には『ここは私に払わせてください。』と強行突破に近い状態でした。」

バイクツーリングに参加される白人はリッチマンや社会的地位の高い人々が多く、総じて日本の皆様に好意的なはずです。
彼らが我々にとっては神秘の存在であると同時に彼らも我々のことが神秘的存在なのでしょう。
ただ、申し訳ないですが、日本人だけで固まってクロウズドな状態を作っていると疎まれるはずです。
「ハロー!ハウアユー!」
と先ずは気軽に・・
英会話は私の中学や高校の先生だってできませんでした。
デーブスペクターは昔の英検1級に落ちてるらしいです。
日本の試験英語がイコール英会話と思われたら大間違いです。
あれは記憶力のみを試す手段に英語を使ったもので、本来の英会話は感情や意志のやり取りの手段。
全く違うものです。



a0010971_113843.jpg
彼は他の何名様かのお客様同様"さきがけ"と言える存在です。
そしてどこでもフィットできる器用なキャラクター・・・・
彼が動くとなぜか運がついてきます。
不思議なパワーの持ち主。




以上、新たな旅が生まれることを願ってお伝え申し上げます。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13876694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-10-25 11:15 | トピックス | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour