クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

松ぼっくりとの触れ合い・・

松の実の味、形は良くご存じのことと思います。
モンゴルでもヘンティーや山の方に行かれた方は松の実をご覧いただいたか、味わっていただいたことと思います。
しかし、松ぼっくりの中から取り出した経験をお持ちの方は少ないでしょうね・・・・
今回はそのワークを順序立ててご覧いただきます。



a0010971_117615.jpg
松ぼっくりを砕くスペシャル・マシーンです。
ヨシオさんが松ぼっくりを左手で抑えながら、右手でハンドルを回しています。
ローラーには5センチほどの突起がランダムに配置されています。
丁度、オルゴールの跳ね板を順次跳ねるローラーと同じ感じですね。

松ぼっくりを砕く美しい音色が聞こえてきたら、貴方は"タイガの森、心の友"です。



a0010971_11212429.jpg
ケイコさんは最終的なハンドル操作でフィニッシュへ向かっております。
ヨシオさんは砕いた松ぼっくりをふるいにかける作業へ。



a0010971_11241718.jpg
多分、砕いた松ぼっくりの大きな屑を取り除き、細かい屑をふるいにかけている場面と想像されます。
真剣なヨシオさんの横顔と現れた松の実を目にしたケイコさんのスマイルがこの写真を活きたものにしています。(実際、オリジナルの写真は素晴らしい雰囲気です。)



a0010971_1128101.jpg
選り分けられた松の実を金属製の箱へ。
篩を扱っている人物が評判の通訳、サーシャです。
以前のブログで私の誤認でセルゲイをサーシャと間違えて記載しました。
サーシャはブラピではなく、若い頃のジョージ・クルーニーに似ています。
いずれにしても二人ともハンサム・ロシアン・ガイです。
ロシア男と言えば朝からウォッカを飲み、粗暴な性格と想像しがちですが、私が知るセルゲイはシャイで、とても物静かで、優しい男でした。
サーシャもきっとそうなんでしょう。
最近の若いロシア人はウォッカを飲まず、ビールがお好きだそうです。
フランス人の若者もワインを飲まず、ビールだそうです。
日本の男の子も最近はあまりお酒を飲まないらしいので、世界的な傾向かもしれません。

でも、この後は松の実をつまみにきっとグラスを傾けたのでしょうね☆

羨ましい・・・・・





最後に一枚、出来上がった松の実の美しい写真をと思いましたが、リサイズしますとオリジナルの美しさがどうしても出せませんので、手法を考えさせていただきます。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/13913369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2011-10-31 11:41 | タイガの森 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour