クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ガイドのブログ"トランシルバニア・ツーリング"

ルーマニア・ツーリングのガイドがブログを始めました。
ブログ全体の記事は少なめで、バイクとツーリングに関するカジュアルな情報ページが主体ですが、今後の展開に期待しています。

ブログは簡単そうで簡単でもない。
足りなさや満足感が交互に訪れ、一喜一憂することがあると思いますが、次第になぜブログを書いているのか、何を書くべきかが見えてくることがあります。
文章にすることで頭を整理し、その時点での考えや気持ちが狭い領域を出ないのか、より多くの人々に受け入れられる可能性があるのかを判断できる一つの手段ではないかと考えています。




以下、アッティラ(ガイド)のブログです。
ルーマニア・ツーリングにご参加いただいた皆様は女性男性半々です。
男女ライダーの比率を考えれば女性が如何に多いか・・・・



日本女性バイカー、トランシルバニアの旅~
普段通りに過ごしていながら、時々信じられないことが起きるものだ。
それは、二人のジャパニーズ・ガール・ベイブスとトランシルバニアのハンガリー野郎との出会いである。
その旅は、もちろん事前に手配されているもので、私は日本の協力者を通してやって来た彼女たちのガイドを務めた。
今迄も同様のやり方でたくさんのツアーを行った。
以下、その旅でどんなことが起きたかである。


出発前、BMW F650は小柄な女性には、シート高調整を行っても大き過ぎるように思えた。
彼女はバイクに試乗した後、私に問題ないとの答えであった。
次の朝、スタート直後、彼女はバイクに乗りたがらなかった。
説得は困難に思えたが、最終的に私たちは出発した。
・・・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・
そしてそれ以降彼女は旅を充分楽しんでいたと判断していいだろう。
写真はもちろんたくさんある。

a0010971_1105263.jpg
続く・・・・・・


このブログには10近いコメントが寄せられています。
日本女性とハンガリー人とのプライベートなトランシルバニアの旅はインターネットを通してそれまではあり得ない人々が知るものになりました。


白人は個が確立していて、優柔不断さを彼らから感じることは大変少ない?
アジア人とは異なる考え方やライフスタイルで育った人間が日本人のガイドを務めてどんな風に感じるか興味のある部分でしたが、ブログで彼らの感覚がだんだん見えてきます。
これは新たな資料で、訳文を考えている最中にも、様々な思いが浮かびます。
もっと良い旅、楽しい旅、鮮烈な旅、興味をそそる旅・・・・・
新しい年に新しいことを考えることの楽しさを感じました。


尚、ルーマニアの旅も、モンゴルやカンボジア同様、ライダー向きです。
バイクツーリングでなければ、私にはちょっと料理が難しい国です。
旅のインフラ、情報量、価格を総合的に考えれば、非バイクツアーの場合、優先順位は後になるでしょう。
しかし、そういう国こそバイク旅が生きます。
バイクツーリングが持つ潜在的な力は熟知しているつもりですが、その潜在能力を少しでも身近なものとしてお知らせできればと考えています。


アッティラのブログは追って更新させていただきますので、ご期待ください。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/14308591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-01-06 14:28 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour