クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ラッキー・バード2012

新年おめでとうございます。
安泰の年、良いことがたくさん起こる年であることを願っています。


a0010971_15195163.jpg

初詣散歩の際に出会いました。
今年のラッキー・バードになればと・・・・・・・・・・
それにしても美しい鳥ですね。
また会いに行きたいとの気持ちが消えません。

カワセミは英名キング・フィッシャー。
インドで有名なビールの銘柄に、キングフィッシャーがあります。
多分、日本ならエビス同様のブランド。
割高ですが現地で飲む味は最高です。
次回はキングフィッシャーを買い込み、キングフィッシャーを眺めながらと考えています。



新年早々ですが、ある旅人から帰国レターをいただきました。
タケシさんと言いますが、昨年のモンゴルに続き、インドシナへの旅をなさっていただきました。
タケシさんは着目・期待している旅人です。
人様を肩書や財産量で優劣をつけることは恥だと思っていますが、東京大学卒と東京観光専門学校卒とでは、同じ東京と言う名詞を持つ学校ではありますが、違いは歴然としています。
東大は入りたくても入れませんが、東京観光専門学校は入ろうと思えば誰でも入れます(笑)。

自慢ではなく、皆さんにも将来トライしていただきたい旅のスタイルがあります。
それは外人との旅・・・・・・・・・・・・・
既になさっている方も大勢いらっしゃいますが、更に拍車をかけたいと思っています。

私が出会ったドイツ人ライダーは年収5千万円の会社社長でした。
従弟はルフトハンザのパイロット、娘は考古学者で大学教授、奥さんも3つの会社を経営しているそうです。
しかし、バイク・ツーリングとなればそんな肩書はどこかへ飛んで行ってしまいます。
最初に出会った時には彼がどんな人物か全然分かりませんでした。
ただ、ドイツ人3人の中に、凡人のこれと言った才能が無い人間が入って、インドを一緒に旅した・・・
肩書じゃなくて、お互いが同じ興味を持っていることで、肩書や社会的な地位を越えたクロスオーバー的なグループによる旅ができる。
そして彼らの日常生活や考え方などの一部や多くに実体験として触れることができます。
大きな負担や無理なく、とても新鮮で新しい世界に入れることになります。
私が出会った新しい世界は本物のジェントルマンの姿です。
自慢は少々でも嫌味がありません。
体力は優れとてもかないません。
頭は大変優れていることが、会話が出来なくても分ります。
そして弱者に対して優しすぎます。
こちらが敬意を払っていれば言葉なんぞはどうでも良く、きっちり面倒を見てくれます。(但し、つけあがるのと、セコイのは叩かれます。)
お金の消費は驚くほど質素です。

彼にインドで出会って、カンボジアを教えてもらい、そして今度はドイツへ来いと誘われました。
その時に私はインドやカンボジアの旅と異なるプレッシャーを感じ、訪ねました。
「私はあなたのようなハイ・クラスの方とご一緒することに抵抗や不安があります。」
返ってきた答えは

「On the road, no high-class or low class!」


小さな権力を笠に着て、弱い者いじめをしている上司や同僚や元請けさん達の姿に幻滅したら、ぜひ新しい世界に目を向けていただければと思います。
下らない世界でエネルギーを消費するよりも、ちょっと背伸びをして高いレベルでエネルギーを消費した方が後々ためになると結論付けています。



以上、カワセミの話で始まり、外人とのツーリングの話で締めくくるという、相変わらず一貫性の無い流れで申し訳ありません。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/14308713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-01-05 10:53 | プライベート | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour