クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

カンボジアのニュースバリュー

アンジェリーナ・ジョリー、「カンボジアへの旅」

ルイヴィトンのサイトです。
世界的な大企業になると本業以外での社会貢献が必要なのでしょう。
たくさん儲けて、たくさん納税するだけでは足りない・・・・?


それはそれとして素晴らしいですが、アンジェリーナ・ジョリー&ルイビトンが出す情報が、結局「ランドマイン」になる?
どんな旅の映像やストーリーが流れるかと期待してクリックしたのですが、ちょっとがっかりです。

情報量と情報の出所、情報の出し方、取り上げ方、その他諸々の要素が絡んで情報が伝わり、人々の記憶に留まる。


ルイヴィトン&アンジェリーナ・ジョリー VS クルーズインターナショナル&お客様の声

どちらが勝つか?
資金量は当然ルイヴィトン+アンジェリーナ・ジョリー
知名度も当然ルイヴィトン+アンジェリーナ・ジョリー
興味を持つ人数も当然ルイヴィトン+アンジェリーナ・ジョリー

まともに戦えば1秒で勝敗が決します(笑)
私の味方は真実を知るために現地へ直接出向き、ネガティブな情報を自分の目で、肌で確認なさる度胸の持ち主たちですね。
彼ら、彼女らは平気です。
中には「ボードが見られなかった・・」と残念がっていた方も居ました。



a0010971_15494966.jpg
このボードは本物です。
この時ガイドに聞きました。
「おい、畑に向かって石を投げてもいいか?」
「ハッハッハッハッハッハッハッ!」
冗談はここだけの話ですが、現場ではシリアスな雰囲気でした。
人の手が入った畑にこのボードが立っているのですからミステリアスです。
しかし、このボードはこの時以来、私が頂いた写真で知る限り見ていません。


カンボジアは旅前と旅後の印象が180度近く変わる国とも言えます。
地雷なんてのはツーリストや外国人が行くところにはありません。
タイガの森のアムール・タイガーを視認することが難しいのと同じです。
肌で感じるカンボジア、カンボジアとはどんな国かと問われて返ってくる答えの多くは
a0010971_15582711.jpg
これなんです。


しかし、この写真関連の情報を流しても人々は見向きもしないでしょう。
カンボジアのニュースとなれば刺激的なニュース、同情を買うニュースが情報価値があるのでしょうね。
売れない記事や情報を流し続けていると新聞社でも経営が傾くそうです。
現在はリベラルとされる朝日新聞でさえ、戦前、戦中は戦争をあおるニュースを流したとのこと。
「そうしませんと、会社自体が危うくなる状況だったはずです。」
とは朝日に属する人の発言です。


結局、真実とはお金で決められるのでしょうか?
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/14633169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-02-09 16:12 | プライベート | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour