クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ノーザンタイランドと言う地

タイ北部・・・・・ノーザン・タイランド

a0010971_10244122.gif

このルートはチェンマイからパイへ向かうオンロードです。
素晴らしい質の舗装路で、且つ心地よいRをキープしたコーナーが続きます。
広い谷にできた極めてフラット間のある舗装路で、道幅もちょうど良く、何しろ他の通行車両が大変少ないことが特徴です。
天国へ上り詰めるような気分でライディングを楽しめる道です。

インド人に言わせると「この道はドイツ人によって設計された道だ。だから心地良いし、グレードが高い。」とのこと。
ほんとかどうかドイツ人に聞いてみましたが、「I don't know about Germans where involved to build roads in Thailand - but it could be.」とのことです。

まあ、どちらでもいいですね。


a0010971_1030047.jpg

この写真はクニコさんの写真で、難しい、ノーザン・タイランドの山岳風景を一枚の写真に収めた点で、私は最高級の写真と捉えています。
夕方、遠くの山々が霞み、描いたような雲が空を覆い、ホテルの茅葺とトロピカル・フラワーの額の中に見えます。
電信柱と電線がなければ更に価値は高まったでしょう。
しかし、アジアに電信柱と電線はつきものです。


a0010971_10324227.jpg

ここはパイという小さな町の郊外の風景です。
この"霞み"が東南アジアの風景のポイントでしょうか?


a0010971_10333313.jpg

私達アジア人の根本が米・・・・・
パンよりも米、ヌードルよりも米、米さえあれば私達はアジア人として生きて行けるのです。


a0010971_10352133.jpg
夕陽も東南アジアらしい風景の要です。
田舎の夕方の時間帯は時の流れが遅くなったようで、リラックス感に自動的に浸れる時間帯です。
普段何かしていないと居られない働き者の方もこの時間帯は落ち着くことができるでしょう。


a0010971_1037299.jpg
この写真は目にいいのでPCの壁紙に使用しています。
田んぼの間を縫って流れる小川が懐かしさを届けてくれます。


元来ノーザンタイランドは世界からアタック要素の強い、オフロードを楽しみにやってくるフィールドとして大変有名ですが、旅行会社である当社としては二輪の旅としてこの地をアレンジさせていただきたいと願っております。
レースや激しいアタック&チャレンジはどう見ても業務範囲外です。
リラックスを自らの手でコントロールできる二輪の旅。

その新しいコンセプトを先ずはお知らせし、これからお伝えできればと思います。


どうぞよろしくお願いします。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/14899808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-03-21 10:45 | トピックス | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour