クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ヴィエトナム・ツーリング

a0010971_15364935.jpg

モノクロ写真は今だからこそ栄えるのかもしれませんね。
当社提携の五條さんのオフィスにもモノクロの大きな写真がありました。
アメリカ・インディアンの写真で、駈け行く騎馬風景を下からアップで撮影したものと騎馬軍団を遠くから撮影したものでした。

これからはモノクロ写真にこだわってみようかな・・・・・


写真の方はディグビーさんと仰るそうです。
ハノイにオフィスを構えており、ラオスのオペレーター・ジェームスさんが絶賛するプロフェッショナル。
「ベトナム・ツーリングならば彼は私の一押しだ!」
とのことです。
「カンボジアのソニアも、ノーザン・タイのウォルターも、ハノイのディグビーもライバルではなく、お互いに助け合って仕事をしている。他にも知りたければ一押しの人材を教えるぞ・・・・」
ぜひインドシナ・コネクションをご利用いただき、ピントがびっちりあったバイクツーリングをお楽しみいただければと願っています。
値段もできる限り抑えます。
日本の皆様のマナーの良さは彼らには好意を持って受け入れられます。
言葉の障害なんてのは有るようでないに等しいです。
私でさえ楽しめるのですから大勢の皆さんは絶対に楽しめます。

バイクツーリングは同じ趣味を持つ者同士の旅であり、初対面の不特定多数の観光旅行とは違います。
長年、バスツアーを中心に仕事をしてきた私は当初不思議でした。
初めて成田空港で会うお客様同士が、出会った瞬間から旧知の友の様に会話が始まり、絶えないことが。
国籍が違えども同じです。
英語は数式とお考えいただければ大変気楽になります。
テニオハにこだわるのではなく、相手に自分の意思が通じることを最優先に英文を構築する。
3、4の単語の配列で十分なケースがほとんどであることに気づくでしょう。

更にガイドを含む皆様の会話のお相手が我々に興味があることも大切です。
そういう風になる国、受入れ会社を選んでご紹介しております。



余談ですが、紹介してくれたジェームスさんの会社では、台湾や韓国のツーリングもあるそうです。
欧米人テイストの台湾、韓国ツーリング・・・・・
あるんですね。
ちらっと写真拝見しましたが、派手な韓流ブームとは無縁の、地味ですが、明らかにエキゾチックな韓国の田舎が映し出されていました。
韓国の時代劇に出てくるような村の風景・・
多分、ドキュメンタリータッチで核心をついたツアーだと思います。
何しろ日程が長いので。




ベトナム・ツーリングは大きな書類上の問題がクリアできれば簡単にご紹介できるでしょう。

目指せ、憧れのホーチミントレイル!!
ロシアのウラルで走るそうです。
モノクロ写真が似合いそう。
ベトナムはソビエトの影響下にあったところですから、モンゴルと同じようなロシアの影響があるかもしれません。

欧米人ライダーがたくさんやってくるインドシナ半島は、多分のアジア人の一故郷であり、エキゾチック度満点なのでしょう。
暖かいからやってくるだけではないでしょうね。
魅力で一杯なはずです。

「スンダランド」をお時間ありましたら検索なさって見て下さい。
アジアの故郷、広いな豊かな土地であったはずです。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/14947166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-03-30 11:06 | トピックス | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour