クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

サクラの終わりと新緑の始まり

おはようございます。

今週こそモンゴルツーリングの2012年スケジュールをご案内させていただきたいと思います。
コバユリさんのツアーは夏と秋の二本の予定で、男性の方にもお楽しみ頂けるオープン制です。
彼女が発するパワーは、個人的には恒星的な力だと思っています。
大勢の人の中に紛れ込むことが嫌いなこの私がそう感じるのですから、多くの方は更に求心力的パワーを感じていただけるでしょう。
私もできるなら NOMADICAMP 参加したいです。
キャンプなんぞいくらでも自分でできますが、キャンプ自体を楽しむことに加え、明るく健康的で自由な(これが一番大切)エアーが流れている気がして、その中にしばし滞在したいという気持ちです。
まあ、仕事で散々メールもらいますが、とにかく明るいことが特徴かな。
それから大切な物が何かを見抜き、核心に据えることができることです。
ぜひ、彼女のツアーでもキャンプでも一度ご参加ください。


以上は仕事枠の話です。


以下はプライベートな話です。

a0010971_937359.jpg
少女たちは花見の場所探しをしながら歩いていました。
「ここで花見やっても大丈夫かな~?」
「大丈夫だよ・・・・ここにしよ。」
と言うようなやり取りでした。

一気に散った花弁の絨毯にゴザを敷いてお弁当を食べるのでしょうね。



a0010971_9392574.jpg
新緑を意識して撮影しました。
右は既に葉が開いた木ですが、真ん中は正にこれからと言う状態で枝の色と緑の絶妙のマッチングに惹かれました。
サクラが終わって同時に訪れる新緑の季節・・・・・・ああ、日本の四季。


a0010971_9455212.jpg
何気なくシャッター押しましたが、湖面にたくさんの花弁が散っていました。
ちょっと気に入ってます。自画自賛・・


a0010971_947490.jpg
ここの風景が素晴らしいのです。
タイガの森の物語・・・・・・


a0010971_9475475.jpg
THE TOSHIMAYA!
昨日は9割の埋まりでした。
屋根が無い場所だからいつもここで休みます。
飲食店で屋根のない場所でリラックスしながら時を過ごせることは、私的には一番の贅沢です。


必要なのは寒さと夜露を凌ぐ家屋でそれ以外は外でオッケー。
縄文の人々はきっと素晴らしい贅沢なアウトドアライフを日常的に楽しんでいたのでしょう。
固定資産税も火災保険も修理保全費も電気ガス上下水道も不要な気楽な生活・・・
土をホームセンターで買わなければならない人類末裔の不幸を彼らが知ったら手の平を上にした両手を上げて悲しそうな目で同情してくれるかもしれません。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/15056342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-04-16 09:57 | プライベート | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour