クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

オフロード・ツーリング天国"カンボジア"

カンボジアが、またまたおかしな取り上げられ方をしています。
オリンピックは完全にビジネスになってしまったようです。
ビジネスが無いと発展はないのか!

残念ながらそのようですね。
単純に開催国が税金を使って開催するだけではダメ。
いずれ開催が危ういスポーツの祭典になってしまうのでしょう。
ロサンゼルス五輪あたりから変わった気がしています。


コメディアンの彼がどれだけ真剣か分りませんが、純粋に考えればおかしいです。
裏でお金が動いているのかもしれませんね・・・・・



カンボジアは欧米とは異なる美しさを持つ国です。
東南アジアのイメージは派手さや美的感覚を刺激するという点で欧米には勝てないのかもしれません。
目的地としては欧米の国に、価値や一般認識の点で劣るフィールドですが、だからこそ目を付けました。
なんとなくでも、ご理解いただけると思います。
ご参加いただいた方は明確にご理解いただけるはずです。
なぜ、海外ツーリングのフィールドに東南アジアなのかを。



素晴らしい写真をたくさんいただきましたが、幾つか東南アジアの美を感じていただける写真をピックアップ致しました。

a0010971_1457659.jpg
タカオさんの写真です。
典型的なクメールの村の風景です。
箒で掃いたような真っ直ぐな道が特徴です。
トロピカルな植物と生垣、そして高床式住宅の風景・・・・
ごちゃごちゃしていない所も魅力です。
このような村の風景を撮影された写真はたくさんあります。
多分、どなたもこの風景を目の当たりにした時にシャッターを押したくなるのでしょう。



a0010971_1502935.jpg
これもタカオさんの写真です。
南のコンポット州の風景です。
広さとまっ平な田園風景が主役ですが、レインシーズンならではの空の様子も魅力です。
左手の海はシャム湾ですね。
もっと大きなサイズでご覧いただけないことが残念です。
東南アジアの田舎の典型的な風景を上から撮影したダイナミックな写真です。



a0010971_1543966.jpg
この写真は当社サイトの幾つかのページで取り上げさせていただいているセイイチロウさんの秀作です。
上から撮影する、と言う技術は大変有効な技術だそうで、資料としても、アートの点でも大変有効です。
真っ赤な真っ直ぐな道がご覧いただけると思いますが、仮にカンボジアツーリングにご参加いただいた場合はこんな風景の中を走ることになります。



以上、ナショナル・ジオ・グラフィックに載っていそうな写真をピックアップしました。

下らない、コメディータッチのイメージも一つ。
悲劇とその後始末に追われているイメージも一つ。
しかし、とても平和で美しい土地なのです。

カンボジアは・・・・・・

クメール、と名を変えれば幾分イメージは変わるのかもしれません。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/15143926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-04-26 15:11 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour