クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

タイガの森、モスクワからの旅人たち

やっと暖かくなって来た時期に冬のお話ですみません。

タイガの森の冬の旅、モスクワからやって来たカップルの写真をいただきました。

a0010971_921279.jpg
ポールとポーラです。


a0010971_925367.jpg
スノーモービルに腰かけながら見つめ合う二人・・・・
新しい路線です。


a0010971_934778.jpg
ここは山の中にある、トラッパーズ・キャビン。
冷え切った彼女の手を握りしめ、暖めるポール。
演技ではありません。
写真家アレキサンダー氏の技とシャッターチャンスを逃さない観察が生んだ写真でしょう。
優れた写真がたくさん欲しい・・・・・・無い知恵絞ってどんだけ文章や切り口を探しても私の能力では限界を感じます。
未知の世界を伝えるには優れた写真一枚がどれだけ有効か。


a0010971_945223.jpg
多くの皆さんが大好きな焚火。
雪原で焚火・・・・このギャップが美しい。
何時ごろなのでしょうか?
多分、夕食前の団欒なのでしょうね。


a0010971_912332.jpg
憧れのアイスフィッシングです。
私もリクエストしましたが、却下されました。
ちょっと面白くありません:-(



この旅はタイガー・トラッキング・ツアーとしてオリガさんは日本以外にアピールしています。
虎の足跡を追い、虎の姿を見る目的のツアーですが、当然虎に会う確率はほとんどゼロに近いでしょう。
しかし、会えないことがこのツアーの肝であり、虎の痕跡を追うこと自体が様々な物語に出会うための貴重な行動行為なのです。

観光客目当ての国立公園でチーターと一緒に写真を撮ろうとして噛みつかれた女性が居ましたね。
私は野生動物の計り知れない未知のパワーを感じています。
私達の心は彼ら彼女らに分るのでしょう。
野獣と単純に固定しますと痛い目に合う可能性があります。
私たち同様、彼らは何億年もかけて進化をした生き物であり、私達の補足物ではなく、私達と同じ魂を持った、必要とされて生き延びている存在なはずです。

あの森で数日過ごし、虎の存在を間近に、ひしひしと感じた人間の思いと考えです。


柔らかい路線に持って行こうとしましたが、やはり最後は固くなってしまいました。
失礼します。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/15235276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-05-07 09:27 | タイガの森 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour