クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

フランス・ツーリング"プロバンス"

フランス・ツーリングは既存のツアーオペレーターを起用するものではなく、日本のライダーの皆様だけにサービスを提供させていただくシステムを構築中のため、お時間をいただいております。

現在モンサンミッシェルツーリングの詰めの作業を行っております。
この受入れサービスが稼働しますと、西欧ツーリングは私が知る中では最先端=日本人ライダーの嗜好を最大限に理解し、実現できるシステムであるという意味で=と自負致しております。

少人数のガイドツアーはツーリング・ライダーにより自由を味わっていただけ、フランス人ガイドライダーとの交流と親密度の点で、よりプライベートの旅に近い感覚を感じながら異国フランス各地を旅していただけるはずです。
言葉の問題は長所に置き換えていただきたいと感じます。
仮にお客様2名様とフランス人ガイドライダー1名とで旅する場合、そのつながりの背景には杉山と言う30年間フランスに住み、ガイドライダーと太いパイプでつながる人物が居て、日本人のお客様がとにかく楽しめるようにするための意思や気配りが働いていると想定願います。

英語が苦手なヨーロピアンも居ます。
フランス人などはあえて英語を使わない人もいます。
私がパリで道を尋ねた宅急便の配達員は笑顔でフランス語で答えてくれました。
当然私は分りませんが、そこに好意という心理を感じたため、地図を広げてボディーランゲージを開始し、当初の目的を達成しました。
英語が分らないドイツ人は結構たくさんいるらしいです。
これはアメリカのキャンプツアーに参加した際に聞きました。
大体、ドイツ語と英語は素人目に見ても似通っていることが分ります。
北欧の言語もそうです。
ラテン語は若干違うのかもしれませんが、日本語との隔たりほど大きくないはずです。
それでも英語が分らない人がいる・・・・・
我々全く異なるベースで発展した日本語と言う言語を操る人間がインド・ヨーロッパ語を簡単に習得できるわけがありません。
また、音は子供の頃に習得しませんとほとんど無理らしいです。
デーブスペクターやセイン・カミュなどは素晴らしい日本語を使いますが、発音だけはどうしようもありません。
日本語は母音中心の言語ですが、他は子音と言う大変聞き取り難い、音を多用しているはずです。

以上は決して知識のひけらかしではありません。
私自身悔しい思いや恥ずかしい思いをして、どうにかならないものかと思考を重ねる中で知ったことです。
現在お持ちの知識に応用やその場のアドリブで交流を促進いただければそれがベストな行動です。
異国の旅は学力を試す場ではありません。
楽しむことです。
楽しみ方はその方ご自身の心の持ちようや発想転換でどうにでもなります。
当社がご案内するツアーでは保守的排他的なホワイト・アングロ・サクソンや白人至上主義者的な人間は配置しておりません。
賢い人間、高い地位に就く人間は国を越えてで頭が柔らかいし、偏見としか言えない感情は持ちませんし、何が一番大切かをその場で瞬時に察知します。

言葉の不安は確かに理解できますが、その世界に入って行くリスクはハイスピードで一か八かのコーナリングに賭けるリスクの数十倍・数百倍安全です。
失敗しても恥ずかしいさや悔しさを感じるだけで済みますから・・・・・・



以上長々と理屈を述べましたが、以下は感情の世界です。

何年か前に実施された南仏プロバンス・ツーリングです。
プロバンス・ツーリングはブルゴーニュのシルさんが主導でパリ発のツーリング同様に計画する予定です。
ジルさんも素晴らしい紳士です。
リヨン空港の管制官で多分現在はトップじゃないかと思います。
空港管制官のトップが毎日何百キロの道のりをバイクで通勤するとのこと。
アジアの国じゃあ考えられませんね。

先ずは南仏ツーリングのテーマソングです。

ジプシー・キングスはフランス人で発祥は南仏だそうです。
日本では鬼平犯科帳のエンディングテーマで有名です。


a0010971_934979.jpg
先ずはフレンチ・アルプスから旅は始まりました。


a0010971_9345154.jpg
場所が分りませんが、アルプスを南に下り地中海の町に辿り着いた場面です。


a0010971_9353590.jpg
このツーリングでは、ニース、カンヌ、モンテカルロなどを走ったとのことです。
海岸沿いの旅、紺碧の地中海はいつでもライダーのそばにあります。



トレビアン☆
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/15327555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-05-17 09:43 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour