クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ルーマニア&ブルガリア周遊ツーリング

ルーマニア&ブルガリア周遊ツーリング

新しい旅が決まりました。
この企画は昨年立ち上げた企画ですが、なんと一年で実施に至りました。

お客様は元より、現地ガイド、そして私も大いに興奮しています。

旅に関係する誰もが物凄いパワーでその旅に集中できることは素晴らしいですね。



G/W前でしたか、一本の問い合わせ電話がありました。
結局、何も起きませんでしたが、少しばかり記憶に残ることを話されていました。

「そちらのツアーはなんだか良く分らない場所が多いですね。」
これは知名度に欠ける国やエリアやコースが多いという意味だと思います。


バイクツーリングの醍醐味は道中にある・・・・たくさんのお客様の声を聞いて答えを出しました。

名所旧跡はバイクツーリングの場合、楽しみをたくさん得るためのマーカーであり、ルートを設定するためのポイントであり、活字と写真で簡単に伝えることができる表のハイライトと考えています。

a0010971_10282565.jpg
この写真を撮影した方の意思がどこにあるのかご想像いただければありがたいです。

何の変哲もない写真に見えます。
手前には工事中の盛り土が見え、ガードレールも体裁が良いとは言えません。
草むらは雑草が生い茂ったどこでも見かけるもので、パッとしません。
雑草の手前の花がやや美しさを見せてくれていますが、写真全体は平凡なものと見えます。

ところが森の向こうに見える教会?の尖塔がこの写真が出来上がった動機だと思います。
走っていて突然森の向こうに現れた特徴的な建物・・・・
それは目を引く存在です。
この建物はヨーロッパならどこにでもある、風景なのかもしれませんが、我々には新鮮なものとして映るはずです。
ガイドブックには出ていません。
土産物屋もありません。
レストラン街もカフェもない・・
当然ツーリストはいません。
だからこそ真実のルーマニア庶民の生活に触れられるのです。

時間があればこの村に入ってみてください。
小さな雑貨屋やドラッグストア、地元の人々が屯すレストラン&バーがあるかもしれません。

小さな未舗装の路地をゆっくり進むと一台の荷馬車が対面からやってきます。
すれ違いざまに声を掛け合い停車する。
「どこからきたんだい?」
「日本からです。」
「おおー!それはそれは。ぜひ私の家へ寄って行け。作りたてのパリンカがあるんだ。うまいぞー」

となるかもしれません。


こーゆーの、旅って言わない?
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/15574603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-06-16 10:44 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour