クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

オールド・プリティー・ヨーロッパ

残暑お見舞い申し上げます。


明日から9月ですね。
秋の訪れももう直ぐです。
クソ暑い夏に別れを告げ、ロマンの秋を楽しみましょう。


9月はルーマニアツーリングがほぼ連続でございます。
ご参加いただける皆様誠にありがとうございます。

ヨーロッパ・ツーリングを始めようと思ったきっかけはインドで出会ったドイツの方のアドバイスでした。
彼はドイツ・ツーリングをやれと仰ったのですが、一つの理由でそれはペンディングとしました。
そして同時に計画したフランス・ツーリングもありましたが、これもわけあってペンディングでした。
そんな中、ルーマニアからコンタクトがあり、計画を進め現在に至ります。
天はガル・アッティラと言うハンガリー人を送り届けてくれました。
そしてこのハンガリー人は祖国愛に燃える男で、トランシルバニアを、町を、村を、大変愛している存在です。
そしてバイクツーリングが何かを知り、外国からやってくる皆様にどんな休日をお届けしたいかの哲学を持っている男です。


彼の短い文章に散りばめられた魅惑の情報はいつも新鮮です。

そんな彼の心がほとばしり出た文をご覧ください。
そしてネイティブ以外の英語とは母国語を土台に作られるものであり、通じればいいのだ、と言うことを感じていただきたいと合わせて願っています。

共通語=数式=外国人の英語


9月末に計画されているツーリングの日程について私がマラムレシュでもっと時間を取り、ダンボヴィショアラをカットした方が良いのではないか・・・・・?
と訪ねた回答です。


Haya,
Dambovicioara cannot be cut if we are after medieval lifestyle, the old lady's house, food, habits, yard, garden, neighbors are all old style.
What I wold change is getting in Maramures. I will think on a second option so we can get there more quickly and have more time to hang around.
Hope this helps.
Attila


アッティラに言わせれば
ダンボヴィショアラは外せない!中世の生活、おばあさんの家(民宿)、食べ物、習慣、畑、庭、隣人などすべてがオールド・プリティー・ヨーロッパである。


a0010971_10163024.jpg
a0010971_1016157.jpg
a0010971_10164890.jpg
トランシルバニアの山と谷の風景が3枚ございます。
朝もやに包まれた山里の姿・・・・・
ダンボヴィショアラはドラキュラ城で有名なブラン城の近くであり、こんなミステリアスな風景が何百年と続いてきたのでしょうね。
ドラキュラ・・・・・ちょっとあってみたい気がしますね。


a0010971_10163626.jpg
4枚目は日が高く昇った時間帯のトランシルバニア・アルプスの遠景と山麓の村の風景です。
この風景がトランシルバニアの典型的、象徴的風景で、正に庶民のトランシルバニアの風景です。


a0010971_10171046.jpg
アキフミ氏の注釈には「尾根の道」とあります。
尾根の道とは両サイドが開けた天井の道であり、インドツーリングでも、モンゴルツーリングでも出会った一つの魅惑の道です。


a0010971_10165884.jpg
Steliana Cioaca house
以前はインタレスティング・ルームと言う名前の民宿のオーナーです。
日本人で初めてこの宿を訪れたのは二人の女性でした。
彼女たちの旅はこの宿で最高潮に達したと記憶しています。
「色々あったけど、私達はどの宿でもニコニコでした。」
それは女性主人のおもてなし、言葉が通じないにもかかわらず得られるホスピタリティーが根源にあるのでしょう。


[4日目]アッティラ自身も訪れるのは初めてで、日本人ももちろん初めて!かわいいし、何よりおばあちゃまの笑顔が素敵!
ハンガリー語なんて全くわからないけど、雰囲気で伝わる。
空気が新鮮で、風に乗って聞こえてくるカウベルの音色、手作りのウインナーや、チーズ、ご近所さんが売りにくるバケツに入った牛乳、そしてBEERで心までほぐされつつ・・・

[5日目]おばあちゃまとも涙の別れ・・・再びCOVASNAめざし出発!
アツコさん



人はまさにそこにいて、その一部になる。見る。聞く。感じる。嗅ぐ。味わう。それはまったくの自由である。ほとんどの旅行者にとって、旅とは目的地へ到達するための手段だけれど、バイクで行く旅はそれ自体が目的なのだ。いったことのない場所を駆け、新しい人に邂逅し、冒険し、経験する。これほど素敵なことはない。
ジム・ロジャース




出会いと別れが繰り広げられる旅と言う時の流れ・・・・・
多分、人間は落ち着くところが必要な喉同様に変化も必要なのでしょう。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/16070832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆま at 2012-09-03 18:28 x
こんにちは!
9月22日出発でお世話になる予定のゆまです。

ルーマニアのルート、
お二人でいろいろと考えていただいているんですね!
どういうところに連れて行っていただけるのか、
今からとても楽しみです。

言葉が不自由なのがちょっと…いや、かなり不安ですが、
残り3週間弱、準備頑張ります!
Commented by cruise_tour at 2012-09-04 12:01
楽しみになさって下さい。

お客様それぞれにそれぞれの旅を提案できることのありがたさを感じています。

言葉は皆さん、私も含めて不安が付きまとうはずです。
しかし、これも慣れです。
ハロー、ナイス・トゥー・スィー・ユー!
この言葉が出たら後は1ミリづつ進歩が遂げられ、直ぐになれるでしょう。

後は9月4日のブログで展開させていただきます。
by cruise_tour | 2012-08-31 10:45 | 旅の風景 | Trackback | Comments(2)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour