クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

コバユリと走ろう!秋のモンゴル

9月17日から始まる、秋のモンゴル・ツーリング・・・
深まる秋、ロマンの秋、食欲の秋を堪能いただきます。
モンゴルには大きく分けて3つの季節があります。
冬・夏、そして秋です。
残念ながら冬はバイクで走れませんので設定はありませんが、夏と秋の異なる季節をその季節の特徴をダイレクトに感じていただけるよう大勢のスタッフと共に組み立てております。

**ナビゲーション・ライダー:
大海のようなモンゴルの草原は初めて訪れた旅人には途方にくれてしまう広大な土地と言えます。
そんな土地を旅人のマーカーとなって安全で楽しい道筋をご案内します。

**バックアップカー:
キャンプ装備、食材、その他荷物を積載し、旅人の後を追う、モンゴル・ツーリングでは欠かせない車両です。

**通訳:
旅を共にするスタッフ、遊牧民共にモンゴル人は日本語も英語も話しません。そんな人々と日本からやって来た旅人のコミニュケーションの促進を図ることを目的に同行します。

**コック:
グレート・アウトドア・クッキングをご用意し、旅人の胃袋を満たすお手伝いをします。

**メカニック:
パンク修理やその他不具合が起きた時に頼りになる存在です。

**現地ツアー管理者:
ツアーに必要な装備を用意し、ツアーに同行するスタッフの採用を初め、一連の流れの全てを総合管理手配する要です。

**販売旅行会社:
当ブログを書いております者です。ツアーのアピールとお申込み受付、予約手配担当。



さてここまではどんなツアーでもフィールドにより組み換え、人員数や配置の違いはありますが、ガイドツアーであれば当たり前の役割分担にて存在します。

9月17日のツアーの大きな特徴は上記各担当に加え、旅に新たな息吹を吹き込み、新たな旅の世界を模索し、その旅を瞬時に表現する象徴となる存在が同行します。


私達は自分が楽しい、嬉しい、幸せだと思った旅を、同調いただける多くの皆様にお伝えしたい・・・・・
そのためにはどうしたら良いかを考えて旅を作り、アピールさせていただいております。
一つの旅が終わり、その旅を振り返り、新しい旅、将来の旅をどうするか・・・?
大勢の皆様の反応やご意見を集約し、時代に合った至福の時を共に作りたいと念願しております。


私、1960年生まれの男、の経験に基づく発想は限界があります。
その限界を越える、或いは全然違う発想やセンスの持ち主の存在。
その存在は上記スタッフ各担当とは独立した感覚で独自の道を進み新たな世界を導き出してくれました。

私にとりましては協力者であると同時にいい意味でのライバルとも言えますが、皆様にとりましては新しい世界への伝道者、共に旅を楽しみ新しい世界を作るための核となる存在でないかと思っています。

私にもコバユリさんにも旅をアピールし、旅をする上では勝ち負けは存在しません。
どうしたら、もっと楽しい旅が提供できるか、どうアピールしたら同調いただける皆様とご縁を持てるかだけを考え、そのために日々思考を繰り返しております。

堅い話で恐縮ですが、真剣味が少しでもお伝えできることを願っております。


a0010971_17302133.jpg
オボーと呼ばれる旅人の守り神です。
旅の道中にあるモンゴリアン・ノマドはオボーの周りを時計回りに三回まわって旅の安全を祈願します。
御供え物やお賽銭、そばに落ちている小石を積んでも構いません。
主に峠にてご覧いただけます。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/16185467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-09-13 17:34 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour