クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ノースゴビ"マックスフリッツルート"

ノースゴビ"マックスフリッツルート"

当ツアーは私にとりましては色々な意味で記憶に残るツアーになりそうです。
色々な意味の中には私のみが知っていればいいことで、墓場へ持ち去るべきものもありますが、一番大きな感想・想いは以下のお客様のブログを見て抱きました。

Max Fritrz SAPPORO

ブロガーは12日からの旅にジョイントされたマックスフリッツ札幌店の店長さんです。
お若い女性で、ダートは初めてと書かれています。

彼女が発するモンゴル・バイク旅の楽しさ、喜び、幸せ感・・・・・
文と写真を見ていて思わずジーンと来てしまいました。

20年経っても旅人の思いは変わらない!
全然変わらない!!
世の中(都会)やライフスタイルが大きく変わっても、女性でも男性でも若きも歳を経てもモンゴルツーリングから得るものは変わらない!!!
誰と行こうが、天気がどうだろうが、気温がどうだろうが変わらない!!!!
携帯電話やインターネットができて目まぐるしく変わる世の中にあって変わらないものがある!!!!!

裏方仕事に疲れを感じた時に一番の栄養剤は旅人が発する喜びです。
ほんとにありがたい・・・・・・
そしいて相変わらず感動を与えてくれるモンゴル・ツーリングと、感動を素直に表現してくれる旅人の感謝します。


実は私、2008年、この仕事を辞めようかと本気で思いました。
とても悲しい出来事があり、自分の性分ではこれ以上、耐えられないのでは考えたことがありました。
辞めた方が良い、辞めるべきだ、と仰る方も居ました。
しかし、そんな時にふと頭を過ったのは2000年頃の説明会終了後に私に声をかけてくれたお一人の男性の言葉です。
「いつまでもこのツアーを続けて下さい。」
静かな方ですが、はっきりとそう声をかけてくれました。

大勢の方が感動し、幸福感を味わい、楽しんでいただける旅があり、なぜか自分がその旅を構築する仕事をしている。
そして周囲を見回しても私の代わりは誰も居ません。


そんなことが実際にあり、そしてコバユリさんが同時に強力なパートナーとして女性ならではの生真面目さと頼りになる機転でサポートしてくれました。
コバユリさんを紹介して下さったのがマックスフリッツ佐藤社長さんで、このお二方が今、モンゴルツーリングが存在する大きな基盤となっています。

もちろん、お一人お一人のお客様に支えられてここまでやって来たことは間違いありませんし、大感謝しております。


以上の思いがもうすぐ終わる20シーズン目を前にして私の頭を占有しています。
多分、このツアーを始めた大島博行さんも私と同じ思いを抱いているはずです。
自分が良いと思ったものを同様に良いと感じていただける方がいらっしゃることは私達の最大の喜びであり、安心感であり、感謝しております。

a0010971_1040123.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/16251032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maki at 2012-09-22 08:06 x
はじめまして。モンゴル楽しそうですね。
私は16年前に第一回モンゴル国際マラソンに参加して、バイクではなく馬に乗り、大草原や川、森を走り回りました。皆さんの写真やコメントを見て、懐かしく笑顔がでました。モンゴルは雄大な景色も感動しますが、不思議と温かく大きな大地に包まれる様な安心感もありました。風の音も心地よかったです。
懐かしい感動をありがとうございます!
Commented by cruise_tour at 2012-09-22 12:29
コメントありがとうございます。いただいた一つ一つの言葉が身に沁みます。旅をなさった皆さんの言葉と写真は、私から見ればアートであり、心の底から湧いてくる純粋な感情表現であると思っています。ですから、ご覧いただいた皆様にもその心が伝わるのだと思います。
「不思議と温かく大きな大地に包まれる安心感」
正にこの心理がモンゴルで感じる私達日本人(もしかしたら人間全て)の心理だと思います。
ありがとうございました。
by cruise_tour | 2012-09-21 10:42 | 旅人たち | Trackback | Comments(2)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour