クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

レーニン

プロレタリアートは、自分の労働力を売って生活するしかない多くの人びとである。プロレタリアートがブルジョワジーから政治権力を奪取し、生産手段などの資本を社会全体の財産に変えることによって、社会の発展がすすむにつれて、階級対立も、諸階級の存在も、階級支配のための政治権力も消滅し、一人一人の自由な発展がすべての人の自由な発展の条件となるような協同社会がおとずれるとした。




ハバロフスクで、私が泊まったホテル前がレーニン広場です。
a0010971_94491.jpg
この写真の中にレーニンが居ます。


a0010971_945682.jpg
ウラジミール・レーニン。
知らない人はほぼいない、革命家ですね。
難しい話は興味に応じて追及いただくとして、ロシア人には大切な存在と思われます。
イデオロギーは別にして、ロシア人にとって父であり、敬愛する象徴的な存在なんだと思います。

通訳さんの話です。
彼女の親戚の中には二つ意見があるそうです。
「今の体制が好きだ。」
「ソビエトの方が良かった。」


a0010971_925225.jpg
左手でベストの袖口を掴み、右手はズボンのポケットに入れる・・・
カッコいいのでぜひ真似して見て下さい。


まともな社会主義国はほぼ消え去りました。と言うより一度も成立していない・・・・?
現代の人間の欲望、モラル、価値観に合わなかったのであり、時代が進めば再び脚光を浴びることになる可能性があるとひそかに思っています。

私:「共産主義が登場する時代が早すぎたんだよ。」
オリガさん:「ええ、そうかもしれません。実はアメリカはソビエトから幾つかの社会システムを取り入れています。」

日本はアメリカの第51番目の州に近いと思っていましたが、最近ちょっと考えを改めています。
私は日本人の物の考え方や価値観、性格は共産主義にどの民族よりも適応できるのではと素人ながら思っています。
これは批判ではございませんのでぜひ興味次第でお考えいただければ幸いです。
私達の強みは"我慢強さ"です。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/16763280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2012-11-09 09:45 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour