クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ハンガリーへ向かう旅

2013年の新企画は3コースを予定しております。

+ブルガリア・ツーリング

+ラダック・ツーリング

+ルーマニア/ハンガリー・サーキット・ツーリング

上記の内、2つはお客様の声がきっかけで発想がございました。
新しいツアーは机の上のみでできるものでは到底ございません。
下見、そしてお客様の実体験が大変有効です。
下見は頻繁にはできませんが、お客様の実体験はツアーごとに得られ、且つ異なる人格による印象や感想やご意見が伺えます。

当社では多くのツアーでお客様の声を慎重に拝聴し、改善や新規開発につなげており、お客様には大変感謝しております。
今朝も2つのご意見を伺い、ありがたく検討の段階に入っております。



ルーマニア/ハンガリー・サーキット・ツーリング
これはルーマニアのミクロスバル(従来のゲートシティーの近く)から出発し、ブダペストを目指すバイク旅です。

a0010971_9545666.jpg
ブダペスト・・・
日本語の読みではあまり良い印象がありませんが、ウィキペディアをぜひご覧願います。
ガイド曰く、「この町はロンドン、プラハ、ベルリン、ウィーンと同様、一つの iconic なヨーロッパの街並みである。」とのことです。

Budapest must be included is one iconic European city, same as London or Prague or Berlin or Viena.

ICONIC の意味は、多分、伝統的なと言う意味ではなかろうかと思います。
英語なんてものは大意がつかめれば良い、大意がつかめれば後から細かい穴(知識の)はどんどん穴埋めされていくと思っております。

トラベル英語は楽しむためにありますので、ぜひチャレンジなさって下さい。
失敗しても気まずさや恥ずかしさなど、僅かな心の痛みしか残らないチャレンジです。
そして心の痛みを感じている瞬間が大きな成長の時間なのでした。
痛みを感じずに一生懸命トライしている他人の観察に終始する手段もありますが、面白くありませんし、ゼロ成長どころかマイナスです。
ウサギとカメの競争同様、後で絶対に差がつきます。
そしてガイドの印象は片言でも話をした方の方がメモリーされます。


私なんぞ、どれだけ恥をかいてきたか、笑われたか・・・
ただ、そんな負の心理を越えるメジャーで明るくて、表向きな世界に入って行けるので、営業に大きな支障の無い場合は相変わらず恥かいてます。
と言うことで、私は偉そうに英語について触れているのではありませんことお伝えいたします。


異国の旅をより楽しいものにするために英語をご自身の経験や知識をベースにお使いいただければと願っております。
恥を恥と感じなくなった時、それは強さであり、自信であり、一つ違う世界に入ったことを意味します。
あまりにも堂々としていて、揚げ足取りが付け入るすきがない雰囲気を持つ人物になったのでしょう。

私も来る3月には恥をかきに行く予定です(笑)・・・楽しみ、楽しみ♪
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17100254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-01-05 11:44 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour