クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

オフロード天国・・・・サザン・カントリーにて

アウトライダー誌に掲載いただきましたツアーの再紹介です。


サザン・エンデューロ
a0010971_10342145.jpg


このツアーは値段、オフ・ライディングの楽しさ、エキゾチック度の三拍子がそろったツアーです。
バイクはプロのメカニックにより、十分なメンテナンスが施され、当社ツアーの中では最高品質を保ったバイクが提供可能です。
モデルはホンダXR250、カワサキ・シェルパ、ヤマハTTR230の中からチョイスいただけます。


言葉への抵抗感もあまり感じなくなりましたし、直接ナビゲーションライダー=ガイドとコミニュケーションが取れることがバイクに興味の無い通訳を介してのまどろっこしいやり取りよりも断然意味があり楽しいことをご理解いただけたと感じております。

日本語は相手に自分の意志や希望を察してもらえるように遠回しに使う言葉であるため、外人が使うことは難しいのでしょう。
イントネーションや末尾で相手の感情を傷つけたり不快にさせることがありますが、英語ではそれがありません。

イエスはイエス!ノーはノー!
よりデリケートな場合にせいぜいノー・サンキュー・・・、スマイルと共にノー・・・・などと緩衝しますが、その他の状況や空気を読む必要はあまりありません。

イエスと言ってるがほんとはノーなんじゃないか?
それが理解できないと大人じゃない、一端じゃない・・・などとまどろっこしい心理のやり取りに時間を費やす必要がありません。


はっきり言うと嫌われるのが日本語。
はっきり言わないとずるいとされるのが英語でしょうか?


私なぞが、こういうことを申し上げますとオーソリティーからプレッシャーが入りますが、私は私を頼っていただけるお客様に楽しんでいただきたく、浅いながら体験談をお話ししているだけですし、ほとんどの日本人は日常的に英語は使いませんから、欧州人、インド人などと同様に英語ができるわけがありません。
出来たらおかしいし、英語なんか使ったら完璧に干されます。

と言うことで新しい世界を新しいマインドと手法でお楽しみいただき、ご自身が持つ潜在能力と出会い、咲かせていただきたいと願っております。
持って生まれた人間の能力は大した差がないはずで、大きな差ができたとしますとそれは本人の興味の強さの差であると信じております。
興味をお持ちになられた段階から新たな世界が始まるはずです。

先日のTVで事業に成功した方を取り上げた番組がありましたが、その中に「私は○○○○市で一番バカな工業高校出身です。」と話していた社長さんが居ました。
入試の能力と実社会での生き抜く能力は一致するとは限りらない証明ですね。
同様に学問の英語能力と旅で使う英語能力は異なることはお察しいただけると思います。
両方とも自分のために能力を使うわけですが、片方は社会での順列を付けるために使うもので、もう一つは自分が楽しむために使うものです。

ご一考いただける機会を頂ければ幸いです。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17203350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-01-24 11:09 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour