クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

幻の湖

幻の湖と言えば中国のロプノールが有名ですが、モンゴルにもあるんです。

a0010971_11152494.jpg
ハギンハル・ノール・・・・
ヘンティーの山深い高地に位置する幻の湖です。
幻である所以は「人が簡単に近づけない」ことによります。
しかし、ロプノールのように位置を変えるとか水量が減るなどの変化はございません。
れっきとした地図上に描かれている湖です。




a0010971_11183598.jpg
コバユリと走ろう!ヘンティー・フラワー・トレック2012にて現れた幻の湖です。
昨年の春から夏は雨が大変多く、2009年と同様の気象でした。
雨は町や村の生活には敬遠されるものですが、モンゴルの遊牧民は雨を優しいもの、としてとらえているそうです。
POP CHILDREN 2006年のモンゴル紀行より・・・
雨で走る気があまりしなかったのでゆっくりと食事をしているとトヤさんが雨について話をしてくれた
モンゴルの人にとって雨はとても「やさしい」もので
雨のおかげで牧草が育ち自分達の生活が成り立っている
だから雨が好きだし雨はとても「やさしい」ものである
昔からの言い伝えで「やさしい」人が来ると雨が降るという
だから俺達二人はとても「やさしい」人ですと言っていた
そんな話を聞いたおかげで少しだけ雨に対するいやな思いが和らいだ


その、モンゴルの優しい雨は日本からの旅人達に奇跡の贈り物を届けてくれました。
それが幻の湖です。
写真の湖は普段は存在せず、降り続いた雨が作った、誰も知らない、地図には無い、幻の湖です。
正にロマンチックな湖ですね。




そして幻の湖はもう一つの美を送り届けてくれました。
a0010971_11275344.jpg
幻の湖で羽を休める、二羽の白鳥です。
彼らの生涯は旅に始まり、旅に終わる・・・・・シベリアやオホーツク、そして日本を旅する私たちと同じ心を持つ存在。

美しい緑とカラフルで気品を保つ花々の大地。
その向こう岸を走る旅人達。
そして湖に浮かぶ旅鳥二羽。

何という縁でしょうか・・・・・・・・・
ため息が出ます。



日程表が最優先されるのではなく、旅が送り届けてくれる幸運の数々が最優先されて欲しい。

そんなことを思いました。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17282888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-02-08 11:52 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour