クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ブルガリアの旅

3月7日から14日までブルガリアを訪れる予定です。
目的はバイクツーリングの視察になりますが、下見は実際の旅のように旅情を感じている余裕はかなり落ちるでしょう。
遊びとは如何に非効率で、無駄で、反論理を貫けるかではないかと最近感じております。


仕事vs遊び・・・・

これが精神的に一致混濁しますと不幸な結果しか残りません。

仕事は効率、遊びは非効率・・

この精神をいつでも胸に置きたいと願っています。




a0010971_1038857.jpg
出会いがふんだんに皆様に訪れるような旅にしたいと思います。


a0010971_10382221.jpg
カフェ・タイムは欠かせない時間にしたいですね。


a0010971_10383628.jpg
悪ガキは男の本性です。
男の遊びの精神の根源がここにある気がします。


a0010971_10384175.jpg
ストリート・パフォーマンスを眺める余裕も欲しい。


a0010971_10385568.jpg
通りを眺めながら喉を潤す時間も欠かせません。
その時間はインドでもカンボジアでも同じで貴重な一時・・・
ノン・アルコール・ビールがあるかどうかも大切なチェック事項です。


a0010971_10385887.jpg
東ヨーロッパの美しさ、それは古いものが未だに残っていることでしょうね。
荷馬車が堂々とエンジン付と同様に道を走る姿は我々先進国に住む人間にとっては意表を突かれる光景です。
地味ですが、これこそ東欧の象徴であり、大好きな光景です。


a0010971_10391439.jpg
農地の美しさもヨーロッパの魅力です。
日本でもこれからは農業が最新鋭のいかした職業になることを願っています。
フランスやドイツのように自給率100%を目指す世の中がくればと考えています。
武力も大切ですが、基本は食ですのでね。



フルガリアの旅では2種類のツーリングを予定しています。
一つは伝統的なツーリング形体ですが、もう一つは数年間試行錯誤を重ね、実践も行い、当社ならではのバイク・ツーリングとして模索して参りました形態のツーリングをご案内予定です。

その旅はかなりの理解者がツーリング先に於いて、そしてアピールに於いて必要ですが、今回は二人の理解者を得ております。

一人はデソ・ミンコフ・・・・・
もう一人はいずれご案内をさせていただく予定です。


いずれにしましても、日本の旅行会社にありがちな

++あれはダメ、これもダメ
++日本人だけの隔離された海外旅行
++過度なタイムテーブルの設定
++小さな親切、大きなお世話

のような精神や手法を排除した、現地に密着した旅をお届けしたいと願っています。

日本語担当はあえて探しておりませんが、ブルガリアは英語圏ではありませんし、英語が堪能でないことで受ける屈辱感や不快感は感じないと信じています。
ガイドは英語ができますので、ぜひ楽しい英会話、旅の英会話、自分の潜在能力を感じることができる英会話にトライいただき、本物の交流をいただきたいと願っております。

そしてブルガリアは共産主義国家でした。
共産主義は破たんしましたが、その主義の中に残っている大切な精神は「全ての国民が平等・人種差別精神の排除」であり、実際にロシアなどでは白人によるカラードへの差別意識はほとんど感じません。
実に自然なのです。
お隣の国、ルーマニアもそうでした。

ブルガリアもきっとそうに違いないと信じ、更にブルガリアと言う国のイメージの良さに期待をしております。


私はリスクを確認し、基本を整えるのみであり、100%私の考えを押し付けるつもりはありません。
女性のセンス、男性のセンス、若者のセンス、自分とは異なる世代や性別の皆様の心から湧いてくる願望やお気に入りを旅に取り込みたいと願っております。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17385265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-02-28 11:23 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour