クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ブルガリアのかんたんな歴史の話

モンゴル・ツーリングは近々詳細をご案内させていただく段取りがとれましたので少々お待ち下さいませ。
モンゴルツーリングは20年経っても変わらない感動をお届けする旅であることを、過去二年で改めて皆様からお教えいただきました。
誠にありがたいことでそのご期待に添えるように全力投球をさせていただきます。
来週前半に、先ずは「コバユリと走ろう!モンゴルの夏」のサイトを発表させていただく予定です。
更にマックスフリッツ・ルートの新たなプランもご案内させていただきます。
更に更に通常設定のコースもご案内させていただく予定です。

何卒よろしくお願い申し上げます。



以下、ブルガリアのお話です。
a0010971_10585383.jpg

ソフィア市内の大通りに立つ聖ソフィア像。
ブルガリアは何と、ヨーロッパで同一の国名を同一の場所に維持する最古の国家だそうです。
681年に成立したとのこと。

「ローマがあるじゃないか?」
と思いますが、ローマと言う国は今はありませんね。

尚、ブルガリアは大雑把に
トラキア人→ローマ人→ブルガリア人→トルコ人→ソビエトの支配下→ブルガリア人
と言う人々の入れ替わりがあるそうです。
中でもトルコの500年の支配には嫌悪感を持っているようです。
500年と言えば江戸幕府よりも200年長い年月ですから、相当な負けじ魂、頑固さでブルガリア人は今に至ったのだろうと想像しています。
ウィキペディアによると、ナチスと同盟を組んだがホロコーストには反抗し、ユダヤ人をかくまったとありますから、この辺もブルガリア人の特徴でしょう。


短い間ですが、ブルガリアに滞在していて、総じて彼らが優しい民族であると感じました。
優しさにも色々ありますが、道路上を見ていて、まるで現在の日本の道路のマナーがあるような錯覚を得ました。
これらは追って触れますが、安心してお客様を送れるどころか、カントリー・ロードでは体験したことが無いバイカーの道での幸福感を得ていただけると思います。

総じて長い歴史において人々は変わるのですが、ブルガリアは良い変わり方をした、或いは大いに学んで現在に至る気がいたしました。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17464307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-03-16 11:31 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour