クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

融合都市、ソフィア

日本では仏教、神道、キリスト教が区別なく受け入れられていますが、中東では3つの宗教が激しい対立していて、それらに関わるニュースを吐き気が出るほど知った後、宗教は対立するもので同居している私達の国は特別だと感じていました。

生まれた時は神道、結婚式はキリスト教、あの世へ行く時は仏教という節操の無さを感じていましたが、以前
居酒屋さんで或る方に講釈を受けたことがあります。
「君ね、なんで日本には神社とお寺が並んで建っているか分りますか?」
「・・・・・・」
「日本人は良いものは全て受け入れる民族だからなんです。」
素晴らしい!
と、その時開眼しました。


a0010971_8581030.jpg
ここはソフィアの中心街です。
ガイドのアンゲルが説明してくれました。

「前方、左に見えるのはイスラム教のモスク、真ん中にはキリスト教の教会、そして更に右側奥にはユダヤ教の教会があるんだ。ここは3つの宗教施設が集まっている面白い所です。」

イスラエルのエルサレムを思い浮かべました。
ユダヤ経とイスラム教は仲が悪い・・・・・イスラム教とキリスト教も仲が悪い・・・・・・しかし、3つの対立する宗教施設が同じ場所にある。
だから闘争が起きる。
と言う固定観念が頭を占めていますが、実は平和に共存している場所が多くあるはずだと考えを変えつつあります。

ソフィアの3つの宗教施設も、なぜ離れた場所に建設しなかったのか?
対立はなかったからだろう・・・?

ブルガリアはオスマントルコの支配を500年間受け、アンゲルもデソもそれを嘆いていました。
「Unfortunately, 500 years....」
しかし、ある面白くない本によると「オスマントルコは緩やかな専制を取った。」とあります。

長くて複雑なヨーロッパの歴史は簡単に把握することはできず、我々旅人が一々把握する必要はありませんが、訪れた国の人々の心=大切な物や大嫌いな物を知っておくことは結構大切だと感じております。
短い間にいい関係を作り、彼らの本音を聞き共に旅を楽しむ根源であると思っており、又、お客様とガイドの間の人間関係には我々業者は介入できませんし、すべきではございませんので。



【今の心境】
人間とは融合を望むが、なぜか対立する生き物である。
ここが面白い・・・と感じております。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17534680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-03-30 09:45 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour