クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

都会のスパ

ブルガリア周遊の、時間的にハードな旅から帰ったのち、2日ほどソフィアをぶらぶらしました。

今回の旅は私にしては仕事色が強く、出発前にはプレッシャーを感じていました。
成果を出さなければならない・・・・・
旅行は遊びで、旅行会社は仕事ですが遊びを扱う仕事なので、旅行をしている私は遊んでいるように見えるかもしれませんが、内面は仕事で一杯なんです。
仕事をしているのに遊んでいるように見える・・・・・浮かばれません。


と言う前提でご覧いただければ幸いです。


a0010971_11465212.jpg
ソフィア市内のホテルを見学した中で、ツアーの目的に一番合っていると感じたホテルです。
プリンセスホテルです。
手前の建物はカジノですが、カジノはツアーの趣旨とはやや離れているでしょう。

a0010971_1145379.jpg
プリンスホテルにはビクトリア・スパがあります。
そのスパにはたくさんのコースが用意されていて、アジア・スタイルのマッサージもありました。
バリ、タイ、フィリピンなど。
そしてチョコレートマッサージもあり、子供も訪れるそうです。
写真の女性は受付スタッフですが、大変感じよく応対いただきました。


a0010971_11451480.jpg
彼女はバリ出身だそうです。
彼女が施設内の、目的ごとに作られたたくさんの部屋をガイドしてくれましたが、ほんとに充実したバリエーションに驚きました。
エステが無縁の私には脅威とも言えるバリエーションです。
ロースバスも数時間前にリクエストいただきますとアレンジ可能です。
その他、トルコ式の風呂やスイミングプールは当然、覚えることが苦痛になる位たくさんのサービスや施設が用意されています。


そんな施設を漏らさず見学している途中に雑談になりました。
彼女の故郷、バリ島の話になりました。
「バリは本当に素晴らしい所です。特にお気に入りはジンバランのフォーシーズンです。あそこは凄いですね。」
「ええ、ほんと。フォーシーズンは特別素敵なホテルです。」
などと話していると彼女は故郷を思い出したのでしょう。
「ああ、バリ。バリに帰りたい!」
20代の若さで遠い土地に仕事に来ているのでホームシックは当然、生活様式や文化の違う土地で故郷が恋しくなるのは良く分ります。
「母なる国がいつもあなたを呼ぶのは当然でしょう。」
そんな答えをして記念撮影をさせていただきました。
まだ、ニキビが取れない若さです。
同じアジアの人間として異なる西洋の国にやってきている彼女には幸運が訪れるようにと願った次第です。



昔、旅が嫌いな友達が居ました。
1泊のスキーに出かけても、不満ばかり。
眠れない、疲れる、歩くのは嫌だ・・・・・・何を食べるかの話になると、私はその土地の物をぜひと言う希望でしたが、彼はそれを強く拒否し、フランチャイズのファーストフードに向かいます。
私には彼の気持ちが理解できませんでしたが、多分、ソフィアのホテルに夢を見てやって来た彼女が遠い故郷の居心地の良さに焦がれるのと同様の気持ちではないかと今は思います。


と分けの分らない締めくくりですが、ご容赦下さい。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17564767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-04-04 12:17 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour