クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ブルガリアの味

a0010971_101579.jpg
ここはシロカルカという村のレストランです。
そして写真の豆腐のようなものはブルガリアで最初に食した食べ物です。
10センチ四方の大きさで見た目から当然手が出ます。
さてどんなお味だと思いますか?
多分想像と大きく異なる味です。
糖・塩・酸・辛・苦・・・・・
これらのどれかですが、楽しみは先送りが宜しいと判断しました。
ぜひブルガリアでお召し上がりください。




ブルガリア料理は少ないながら私が食べた料理の中で最高の味です。
カンボジアやインドやロシア料理より美味しいと感じます。
当初は自分でメニューを選択していましたが、途中からアンゲルとデソにアドバイスをお願いしたところ、全然違う世界が訪れました。

とにかくおいしいのです。
飲み物を含めて三人で大体20ユーロ~30ユーロです。
最終日のレストランではこんなに美味しい料理があったのかと言う位、舌と胃袋が幸せで一杯でした。
その日は最後の食事であったので、アンゲルが払うことになっていましたが嬉しさのあまり日本的なやり取りをやってしまいました。

デソが言ってました。
「ブルガリアはトルコ、ギリシャなど様々な国の影響を世紀ごとに受けている。だから料理もどんどん変わって今に至る。」
ステーキなどの肉がメインであるのが、西欧の食事だったと記憶しています。
もちろん、魚もありますが、とにかくメインは肉・・・・・
しかし、ブルガリア料理にはNON MEATというメニューがあり、そこにたくさんの料理が記載されています。

アンゲルは誇らしげに言ってました。
「そうなんだ。通常の西欧のメニューとブルガリアは違う。肉だけがメインじゃないんだ。」
肉だけがメインでないと言うことはどんなにありがたいことか日本の皆様にはご理解いただけると思います。

私は料理研究家ではありませんので詳しい解説はできませんが、自分がブルガリア料理を食べてどれだけ幸せを感じたかをお伝えできればと思います。
日本に帰ってきて三日ほどは日本の食べ物を食べたくありませんでした。
あの味が味わないことに不快すら感じた次第です。
何を食べても美味しく感じませんでしたし、物足りないのです。

ブルガリア料理はブルガリアと言う国を象徴表現する一つの大きな要素だと今は感じています。
グルメツアーにするつもりはありませんが、通常の旅行でないがしろにされているその土地の名品を提供できるようにお伝えしたいと思います。


帰国後にラーメン、寿司などが恋しくなる方・・・・・・・・ブルガリアはそんなあなたの意識を必ず変えてくれます。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17591759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-04-09 10:37 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour