クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ラキアは人々をつなぐ

Happy to see a Japanese runner come 3rd in the women's marathon in London yesterday!
From Sonia at Phnom penh

ブログを書こうと思っていた瞬間に、お祝いのメッセージがやって参りました。
そんなことは全然知らず、ヤフーニュースを確認したところ、赤羽選手が3位に入ったそうです。

今感じることはスポーツに勝る、公平で真剣で、あとくされなく、純粋で綺麗な勝負はないでしょう。
それを踏みにじることは何人なりとも許されないでしょうね。
死んだり、怪我した方の気持ちになって見ろ・・・・・家族や近親者の悲しみを考えればその罪は絶大です。
そしてまたイスラム教徒へのゆがんだ見識が増すということも大いなる罪です。
世界に平和を!ほんものの愛を!





さて、今現在、友達は3人います。
♪一年生になったから、友達100人できるかな?



本日の本題です。
a0010971_1075964.jpg
ブルガリアで初めていただいたオリジナルのお酒です。
ラキアと言います。
どの国でも蒸留酒はつきものなので、期待していましたが、やはり第一印象は「強い!」でした。
それにしてもこのグラス、興味が湧いてきませんか?
陶器です。



a0010971_10132776.jpg
強くはありませんが、お酒好きです。
お酒に合うつまみ、肴・・・・・・これが大切です。
写真の料理は酒にピッタリ合う味でした。
バリバリ噛んで食べる料理ではなく、軽く噛んで染み出る味を口の中で転がしながら食べられる料理です。
上が赤ピーマン、下がマメ、右がペースト状の何かですが、「はぁ~・・・」とため息が出る味でした。

自選日本の三大美味しいつまみ
・うるか・・・・・アユの内臓をこそぎ落としてかき集め、塩漬けにした限りなく美しく美味な珍味
・へしこ・・・・・フグの内臓を味噌漬けにして三年?経つと毒が抜ける絶品珍味
・からすみ・・・これをご飯に乗せて食べていた人が居ました。私に言わせれば犯罪行為に近い。

これに引けを取らない味と感じました。


a0010971_1019529.jpg
デソがラキアの飲み方を解説してくれました。
「私達は食事の最初にサラダと一緒にラキアを飲みます。そして次にワインかビールで食事をします。」

ブルガリアは新鮮で豊富な野菜が取れるそうです。
お酒を飲まない方はサラダだけになりますが、ブルガリアのサラダにご期待ください。


a0010971_10221469.jpg
お土産に頂いた高級ラキアです。

ラキアはたくさんの種類があり、たくさんの果物からそれぞれが作られるそうで、味、香りなどは無数にあるそうです。
その国の食べ物はその国の風土で育ったものですから、その国で食べる事が一番なのでしょう。
そしてお酒もその国でいただくことが最高に美味しい味を楽しむことができるのです。

ウォッカはロシアで。
アルヒはモンゴルで。
キングフィッシャーはインドで
青島ビールは中国で。
サンミゲールビールはフィリピンで。
ミラーはアメリカで。


ラキアにまつわる言葉があります。

"RAKIA CONNCTING PEOPLE!"

これはTシャツにもなり、ある有名な会社の宣伝にも使われています。


"NOKIA CONNECTING PEOPLE!"


お粗末さまでした。



とにかく私が今一番強く感じているのは私が出会ったブルガリア人はアジア人の心をどの程度か分りませんが、持っていることです。
ラキアとそれにまつわる文化風習はきっと遠い昔に我々とどこかで袂を分かったのではないかと感じる位です。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17662146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-04-22 10:31 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour