クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

バイカー天国、ブルガリアの道

ブルガリアを訪れた3月上旬は秋から枯れ始めた草木が最も枯れ切って、芽吹きを迎えるその直前でしたので、その点を前提に写真をご覧ください。

ブルガリアの道に関する情報です。
ブルガリアにおけるこの情報を、強く意識して収集している業者は私くらいでしょう。
通常旅行会社は点である名所旧跡と宿には大変強い興味を持ちますが、それよりも線である道に興味を持つ理由はお察しいただけるでしょう。

総じてブルガリアの道はバイカー天国と言い切れると思います。
言い切ることは日本ではあまり好かれないマナーですが、私は言い切ります。
嫌われても、憎まれてもこの問題は現地を見たから言えることで、言い切らさせていただきます。
しつこいようですが、言い切らさせていただきます。
お叱り覚悟で言い切らさせていただきます。


a0010971_1224313.jpg
この程度の角度、アールのカーブが主流です。
勿論山間部に入ればアルプスのワインディングを連想させるカーブがありますが、目立ちません。
とにかく平和なカーブ、楽しいカーブ、ハッピーなカーブがツーリングに変化と適度なコーナリングの楽しさを与えてくれるでしょう。
ステップ擦ってタイヤを鳴らして走りたくなる方は物足りないかもしれません。
アドレナリンは分泌しないでしょう。
そして他の通行車両が極端に少なく、荒れた追い抜き追い越しもみませんでしたし、総じてクラクションを聞いたのはソフィアで二回だけでした。
バイカーである皆さんのために作られた道・・・・・あるいは予約された道と言っても大袈裟ではありません。
私はノーザンタイの西部のオンロードがそれまで最高だと思っていましたが、ブルガリアはそんな楽しいカーブの道がもっとたくさんあります。
但し、舗装はパッチワーク状ですが、走っていて不快を感じるギャップはそれほどたくさんないと思います。



a0010971_12252542.jpg
この風景はトラキア平原に出てからバルカン山脈に至る間で眺める典型的な風景でした。
2000メートル級の山々で、夏は雪は無くなるそうです。
山々の名はバルカン山脈です。
この山はブルガリア北部を東西に貫き、更にその南にやや低い山脈が平行に走ります。
この山脈をスレドナゴラ山脈と言い、薔薇の谷はバルカンとスレドナゴラの間の谷を指します。


a0010971_1234149.jpg
ここはカルロボと言う名の町で、ここから有名なカザンラクまでの間が薔薇の谷とされているそうです。
前方の山は多分スレドナゴラ山脈です。

アンゲルは私が度々カザンラクと言う地名を出す事にやや不快な様子でした。
カザンラクは実際今回訪ねませんでしたし、こう言われました。
「なぜ、カザンラクと二言目に言うんだ。薔薇の花はどこにでもあるし、カザンラクに行く必要は無い。」

多分、カザンラクは大きな町過ぎて、或いは観光地過ぎて魅力を感じないのではないかと想像します。
或いは大きな町過ぎてポイントが絞れない、分散していて的の絞りようがない、薔薇のシーズン以外は面白みがない町かもしれません。
この点、この町を訪れたライダーと近々お会いしますので意見を伺ってみます。



ブルガリアの道はほんとに素晴らしいです。
多分、私の立場に立っていただかないとご理解いただけないかもしれませんが、伝統的な価値観とは別の価値観を求めた私に、何らかの未知の力が働き、ブルガリアへ私を呼んだのではと思っています。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17680084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-04-25 12:48 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour