クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

職人の町

バルカン山脈内に職人の町が幾つかあります。
その中で一番分りやすい町とされる「エトラ」を訪ねました。
エトラはツーリスティーな小さな町ですが雰囲気は感じます。
ただ、実際に人々の生活は行われていないようで、収入源は観光です。

尚、実際に人々の生活が行われ、未だに職人が住んでいる町があるそうです。


a0010971_9401576.jpg
エトラの入り口です。
川の右側は山の斜面になっていて川に沿って家々が立ち並び山の斜面には水力を利用した数々の手工業の建物が建っています。
デソが茶目っ気を出しています・・・・
ほんとに良い連中でした。
皆さんもぜひ彼らと旅して、知らなかったヨーロッパを体験していただきたいと強く望んでおります。


a0010971_944339.jpg
ここはメインストリートでたくさんのお店が軒を連ねています。
楽しくなること請け合いです。



a0010971_9452076.jpg
前の写真のストリートの右奥の斜面にできた運河です。
この小さな運河がこの町の重要な存在でしょうね。
真ん中やや左側の細工は水の取り入れ口です。
取り入れ口の水面に渦が巻いているのがお分かり頂けますでしょうか?



a0010971_947204.jpg
水の取り入れ口から落ちた急流はこのような角度の木造の溝を伝わり、それぞれの仕組みで水力を利用した工業が行われています。
どれも異なる工場であり、職人の血を引く私の興味を触発してくれました。

さて、この大きな籠のような仕組みは何だと思いますか?




a0010971_9514752.jpg
もう、お分かり頂けますよね。
ウォッシング・マシーーン・・・・




これ以外にも糸巻き機、ノコギリ、刃物砥ぎ、脱穀など様々な水力を利用した工業機械を目にしました。
それらは改めてご覧いただきたいと思います。


また、エトラではブルガリア・ヨーグルトの知名度を与えた根源を知ったような気がしています。
トルコやギリシャの影響を受けているのでしょうが、トルコは元々モンゴル高原にも住んでいたチュルク=突厥でもあり、ブルガリアの語源となったブルガール族も遊牧民であった。
モンゴルツーリングをメインに運営をして参りました当社が今辿り着いたブルガリアと言う国はヨーグルトの神様のお導きかもしれません。



相変わらず異なる方向に思考が進んでしまいますこと申し訳ないと思っております。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17690547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-04-27 10:13 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour