クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

未知の村・・・・

一日の中に四季がある・・・・・とされるのがモンゴル高原の気候です。
朝起きれば春がやってきて、昼間は真夏の陽気で、夕暮れになると秋口のエアーに包まれ、夜は冬の寒さが訪れる。
「9月のある日、30度を越えるピーカンであったにもかかわらず、ツーリングに出発する日は雪がちらついていた。」
「その日は全く問題が無い晴天で暑さで汗を感じる位であったのに、次の日は真冬の寒さ。」
人間は変化に強い生き物ですが、あまりにも変化が大きいと肉体以前に精神的ダメージをこうむることがあります。
そんなダメージを払しょくすることは自分でしかできませんが、そういうものだという事前の意識が結構余裕を生んでくれると思います。
何しろ突然、予備知識なしで激しい変化は厳しい・・・・


私的に昨日は良いことと悪いことが同時にやってくるというやや凄まじい日でした。
こういう時、ほんとに混乱しますね。
辛いのか、嬉しいのか、一体自分はどちらに精神を合わせるべきか・・・・・
その時は良いことはとりあえず忘れて悪いことを処理して最善の状態に持って行くことにしました。
しかし、イライラは爆発し、遂に病院の車寄せで小競り合いに発展した次第です。
久し振りに下らないやり取りをしました(笑)

悪いことは身内の問題ですので関係ありませんが、良いことは皆様への新たな旅をご案内する日がぐーんと近づいたと言うお話です。
考えて行動に移す、行動に移してまた考える、その繰り返しで遂に我々のプランを提供できる日がやってきました。
不肖、ハヤカワ、未知の世界への憧れ・・・という強い気持ちと共にやってまいりました。
皆様にもその世界を夢見て実際にそこへ足を踏み入れていただき、見聞・興味・発見・感動・・・未知の世界で得る美しきサイクルをと願っております。



3月上旬のブルガリアの旅、ソフィアを出発する前にアンゲルが一言・・・
「今回、あなたを特別な場所へ連れて行きます。そこは石だけで作られた家々が立ち並ぶ村です。」

a0010971_8475554.jpg
ここがその村です。
コバチェビッツァ。
帰国後にテレビで野積みという工法があることを知りました。
加工されていない岩石の特徴を活かしながら積み上げていく方法で、岩石同士の接点は面ではなく、点だそうです。
摩擦が強く働くそうです。
ご覧のような石だけを手で積み上げたと思われる建物が狭い路地を挟んで軒を連ねています。
重機も最新の工具もないはずで、どうやってこれらの作業をしたのだろうと素人ながら自然に思考が回転していきました。 
短い滞在でしたので私が大切にしている地元の人々との交流はほとんど敵いませんでしたが、ここに数時間滞在し、夜を過ごせばきっと様々な出来事がやってくるのだろうと想像できます。



a0010971_991577.jpg
上の階層に上がるにつれて床面積が増えるのが特徴です。
これはバルコニーになっていますが、多くのブルガリアの建物は上の階層になると床面積が増えます。


a0010971_9111924.jpg
1786年の建物だという表示でしょう。
江戸時代の末期、多分大河ドラマの「篤姫」当たりの時代だと思われます。

コバチェビッツァ村はオスマントルコの支配を嫌って山奥に移り住んだブルガリア人が作った村だだそうです。
同様の動機で作られた村がいくつかあり、それらはブルガリア人のアイデンティティーの一つになっている気がしました。
平家の落人の里は平家だけのものですが、これらの村はブルガリア人全体の精神的宝物でしょうね。


私的な考えですが、このように新しい村を作れる人々と言うのは知性の高い人々、教養のある人々だと思われます。
日本でも奈良時代当たりには新羅に追われた百済の亡命者を1000人単位で受け入れたそうです。
亡命できるくらいですから財力が伴った、知的階級の人々だったはずで、それらの人々が日本の文化発展に大きく貢献したと有名な作家が書いていました。
従ってこれらの村々は単なる平民が作った村ではなく、ブルガリア人のアイデンティティーを維持したいという強い信念を持つ優れた人々によって作られのではと感じています。

ですから、美しいし、重厚感を感じ、芸術的であり、本物であり、しかも王朝文化ではない、庶民の文化であるという大好きなパターンです。


コバチェビッツァ・・・・・・

ぜひご記憶いただければと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17786025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-05-14 11:17 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour