クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

関空スペシャル

a0010971_845285.jpg
関空スペシャル、モンゴルツーリング盛り上がって参りました。
誠にありがとうございます。
現在男性4名様、女性2名様の予定です。
皆様の幸運を願うばかりでございます。

モンゴル・ツーリングの黎明期、1997年頃まではご参加頂く皆様の中で目立つ住所は兵庫県でした。
関東では神奈川県が目立ちました。
多分、オフのフィールド、オフが育つ土壌があったのでしょう。

時代が変わった今、伝統は大切にしながら現在のマインドにあった方向付けが求められると思われます。
単純に関西空港発着のモンゴル・ツーリングにするのではなく、そこにツアー運営の哲学的なものを構築したいと思います。

「関空発のモンゴル・ツーリングは他のモンゴル・ツーリングとここがチャウネン!」

と言う方向に持って行ければと思っています。

アイデアとは結論づけることから思考が始まり、生まれることがあります。
私の場合、自己利益の計算からでは難しく、商品サービス向上のために考えていると自然に湧いてきます。
そして「人間とは考える葦である・・・・」との言葉通り、考えること=アイデアを生むことが進歩につながるのでしょう。

ついでに申し上げますと、考えること=アイデアを生むことは偏差値に比例するとは言い切れません。
人間の潜在能力とは想像以上であり、興味と集中力と強い想いがあればきっと何かを生み出しいただけると思っています。
嫉妬心を憧れに変える度量を持ち、他人をあざける心理を自己反省に変える謙虚さを持ち、更に夢を持ち興味と童心のような集中力でお互い高いレベルの切磋琢磨をして行きたいですね。


と言う心理を得たのはプライベートでの出来事が原因です。
(うわさ+悪口+陰口)÷集団徒党×嫉妬=脆弱な精神の人々
こうなると進歩も爽快感も成長も感動も得られません。

皆さんと私達は世界を相手に夢を追いかけています。
多くの人々が恐れ、興味を持つことができない未知の世界に向かおうとしているのです。
ぬるま湯浸かって屁をこいてる人々とは一線を画しましょう。
精神衛生上良くないどころか、ツキまで持って行かれます。


以上関空の話で始まり、生き方論で終わるという、自分でも想像がつかない顛末に終わりました。
話が飛ぶのが当ブログの特徴です(笑)
スンマヘン。

a0010971_10365916.jpg
ブルガリアン・ダニューブ・カルテット
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/17830328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-05-23 10:41 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour