クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

アドベンチャー

コバユリさんのツアーは女性の嗜好、体格、体力を優先させていただくモンゴル・ツーリングです。
当ツアーにご参加の男性の皆様は、女性のサポートを場合によって快くなさっていただける方を想定し、ご応募いただいております。
レディー・ファースト・ツーリングであり、西洋の騎士道精神を日本男児の皆様にも取り入れていただきたいと願っております。

騎士が身分として成立し、次第に宮廷文化の影響を受けて洗練された行動規範を持つようになった。騎士として、武勲を立てることや、忠節を尽くすことは当然であるが、弱者を保護すること、信仰を守ること、貴婦人への献身などが徳目とされた。

特に貴婦人への献身は多くの騎士道物語にも取上げられた。宮廷的愛(courtly love)とは騎士が貴婦人を崇拝し、奉仕を行うことであった。相手の貴婦人は主君の妻など既婚者の場合もあり、肉体的な愛ではなく、精神的な結びつきが重要とされた。騎士側の非姦通的崇拝は騎士道的愛だが、一方、貴婦人側からの導きを求めつつ崇拝するのが宮廷的至純愛である。

騎士道は西欧の社交術にも影響を与えた。





さて、それに対して男であることを特徴づける旅路があります。


以下は実際に行われたモンゴル・ツーリングです。
ヘンティー山脈内を横断してブリヤート族の里へ向かうという設定です。

大体のオーバーナイト・ポイントは設定しますが、はっきりってその場その場の場当たり式です。
事前にマップや日程表はお渡ししましたが、実際にどうなったかは分りません。
ただ、旅人からは2、3のアドバイスはありましたが、素晴らしかった、堪能したという言葉だけをいただきました。
要は極めてファジーな日程であり、進行であり、ガイドにもどうなるか分らない旅であり、日程です。

川を渡り、森を抜け、草原を疾走し、でっかい空と浮かぶ雲を眺めながら、大自然を讃えながら、自分が生きてることを実感しながら続く旅・・・・

アドベンチャーと言うのか分りませんが、そんな体力的精神的負荷の高い旅がありました。

a0010971_1311071.jpg
これは大変デリケートなテクニックを要するはずであることはご理解いただけると思います。
下手したら下手します。
そこでツアーは終わる可能性も秘めています。
しかし、そこはモンゴリアン達、簡単にはしくじりません。
はっきり言ってショーですね。



a0010971_1312044.jpg
行くしかないのです!
あれこれ考えても何も始まりません。
先が見えないからワクワクするし、ドキドキするし、たまらないのですね!・・・・・男って奴はバカでガキで無駄なことをする連中です。
だからほんものの男は面白いのですね。



a0010971_1313223.jpg
まるで戦争映画に出てきそうな場面です。
あらゆる機材を積んでそれらを駆使して冒険の旅を続ける。
こういうツアーを旅行業法約款は想定していません。
でも、旅人は大満足間違いなしです。



また、いつかチャレンジするつもりですので、男性の皆さん、腕を磨き、男を磨いてお待ち願います。


行くぜ野郎ども!


この言葉を早く発したい・・・・
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/18008487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-06-28 13:10 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour