クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

インド・ツーリング

昨日のブログの補足です。

私がこれまでのインドツアー運営において不安が付きまとっていた件です。

インドでは多様性が特徴です。
みんなが違う意見を持ち、行動を取り、一見ばらばらに見えます。
中国でもそうですが、頻繁に口論に見えるやり取りを目にします。
口論は感情的な部分もあるのでしょうが、大概がお互いの意見を主張する風習ではないかと捉えています。
従って自分の意志や考えや契約概念に沿わない場合はこちらも主張しなければなりません。
それがその社会通念だからです。

逆に日本は単一性を貴しとする国。
口論や議論はイコール感情の爆発です。
これを喧嘩と言います。
我々は喧嘩は忌み嫌うもので、ほとんど目にしません。


ある航空会社の方に聞いた話ですが、午前中に大声で激しい議論をしていたインド人同士・・・
しかし、その直後の昼食は何もなかったかのように一緒に食事をしているそうです。
これ、我々にはできませんよね。


この正反対の風習習慣が旅行を作り運営する際に大変な障壁になるのです。

a0010971_9241551.jpg
真ん中のラジーブは私個人は大変面白い人間だと思っています。
彼と旅すると楽しいのです。
色々やってくれるのでね。

ただ、日本の習慣や業法約款に則っての旅を委託するにはちょっと怖い。

それだけです。

個人で旅するなら彼は大変面白い男です。
英語も上手いし、発音はアメリカ人並です。
ジョークも頻繁に出るし、笑いが絶えません。

ほんとに面白男です。
純粋ですし、バックマージン目当てに土産物屋連れまわして高い意味のない土産物を買わせるようなことはしません。


現在は女性の皆さんにはお勧めできませんが、男性の方は是非インドを個人で訪れていただきたいです。
できれば著名な観光地は避け田舎の村などへ向かって下さい。
そこには人間が居て、コミニュケーションが成り立ち、何か予想もつかない楽しい出来事が待っています。


あるインド・フリークが言ってました。
「インドを旅するのに日程表もスケジュールもいらない。そんなものはあそこへ行けば必ず向こうからやってくる。」

インドはヨーロッパのようなたくさんの文化を持つ国が集積した国であり、一見分り難い国です。
しかし、一度惚れ込むとそこから離れるのは簡単にはできなくなる国でもあります。

固定観念にづっぽり浸かって逃れられなくなったらインドへ。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/18126039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-07-19 09:36 | トピックス | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour