クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

昔話・・・

昔々、大島氏もコリャさんも私も元気だったころ、オフに入って遊びに出かけました。

9月下旬から10月上旬にかけて、「釣りをやろう!」と言う計画です。

イトウのでかいのが居るので、「日本から鼠のルアーを持ってきてくれ。」と言うお話で釣具店に買いに行きました。

釣りに出かける前の晩に大島氏の部屋で準備・・・・

開高健のイトウ釣りのビデオを流し、ウィスキーとチーズを食べながら、釣りの準備をしました。

これは大島氏独特の遊びのセンスです。


a0010971_12445131.jpg
オルホンの滝です。
この滝の上流で釣りをしましたが、今は釣れないそうです。


a0010971_12453969.jpg
この淵で2匹のイトウを釣り上げました。

「イトウはね、鳥を食べたといううわさもある獰猛な魚で、夜になって鼠を水面に浮かべるとそれを狙ってくるんです。」
と言う嘘のような話でしたがほんとです。

20分くらいルアーを投げては巻くことを続けると、ドボッ、と言う鈍い音が聞こえ物凄い引きを感じました。
「ああ、なんかかかってます!」
と叫ぶと大島氏とコリャさんが走ってきました。
それからしばし興奮状態の中、イトウの影が見えると、コリャさんが突然川に飛び込んでイトウを抱きかかえキャッチ!
今でも目に焼き付いています。


a0010971_12493053.jpg
これは一夜明けた朝の風景です。
イトウは寒さでカチンカチンに凍っていましたのでロケット抱えてるように見えますが、本物のイトウです。





この後我々は途中で釣りをしながらオギノール湖畔に辿り着きました。
周囲は遮蔽物が何もない広い大平原と広大な湖。
我々は湖畔の見晴らしのいいところにテントキャンプを張りました。

朝になったら綺麗だろうな~などと思いながらテントに入ると突然物凄い風が吹き始めたのです。
その風たるや正に爆風でテントを煽る音たるやうるさくてうるさくてとても眠れません。
それでも何とか眠りについたのですが、真夜中過ぎに突然体に重みを感じました。
その重みは大人一人以上の重みで体が自由に動きません。

そうです、テントのフレームが折れ、風を受けたテントが私の体に容赦なく圧力をかけるのです。
最初は小さな空間を見つけて凌いでいましたが、重さと爆音で耐えきれなくなり、車に移動しようとテントから這い出ました。
しかし、車は当然ロックされており、一切ドアが開きません。
大島さんのテントに行って、「すいません!鍵貸してください。!」と何度叫んでも返ってくる答えは大いびきの音だけです。

蹴飛ばそうと思ったくらい放心状態でしたが、しぶしぶ諦めて壊れたテントの中へ逆戻り、一睡もせず朝を迎えました。

その朝は一面真っ白な雪が積もる朝でした。
そうです、冬将軍の風だったのです。
容赦ないわけですね。


しかし、それにしてもあの強風の中で熟睡できる二人のアウトドアマンには恐れ入りました。


筋金入りと言ってもいいでしょう。






テントキャンプは私がこだわる宿泊手段です。

ツーリストゲルが出来て宿泊はテントからゲルに移り変わる方向で流れていますが、私は皆様にテントキャンプをできる限り忘れないでいただきたいと願っています。
確かに体にきつく、上記のような天候では快適どころが不快です。
しかし、大自然の懐に抱かれて眠れることが我々には限りない貴重な時間だと思うのです。

そしてテントキャンプならどこでもその時の都合で宿泊ができ、宿を目指すために強制的な走りを迫られることがありません。

大体ツーリストキャンプが無いとツーリング日程が組めないとなると状況によっては窮屈な運び、バランスを欠いた距離設定、下手すると身体にリスクが伴う運びが懸念されます。
全てのツーリストゲルが事前予約できたとしても季節外れには突然営業を中止するケースもあったそうです。

何とぞテントキャンプに愛を!夢を!未来を!

時代遅れの昔を懐かしがる発想ではありません。

プライスレスな体験を、例え大勢が反対の方向に向かっていても、お薦めするのが我々の立場だと思うのです。

拙文、お読みいただきありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/18726912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-10-04 13:12 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour