クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

2013年初秋のカンボジアの風景

ちょっぴり驚き、その後に「ワーッ!」と心広がり、吸いつけられるような風景が送られて参りました。


今年のカンボジアは雨が多いそうです。
と言いますか、水が多いそうです。
カンボジアは極端な言い方をしますと、川の国、と言えます。
その川の水量が増えると景色は一変する国です。
しかし、クメールはそんな状況と何年もお付き合いをしてきた歴史があり、平然と言うか落ち着いて風物のように出迎えるのでしょう。


a0010971_10142136.jpg
the water is pretty high this year.. here's a road that I was trying to pass last week, in takeo province!
今年の水量はとても高い・・写真の場所は先週サイクリングで訪れたタケオ州の道路です。


a0010971_1016478.jpg
a0010971_10164469.jpg
Luckily the locals had put on a small ferry to take people to the other side.
幸運なことに地元の人々がプライベート・フェリーで対岸へ運んでくれました。


a0010971_10181139.jpg
The canals at Phnom Da are completely invisible...just one huge lake now.
プノンダー寺院への運河は完全に目視できない状態です。
ただ一つの大きな湖になっています。



日本の皆様。
これがカンボジアの晩夏・初秋の緑あふれる美しい風景なのです。
この風景をご覧いただいて心癒されない日本人はほとんどいないでしょう。
ほんとに美しい・・・・・・私達がホッとできる風景ですね。

東南アジアはバイクツアーを手掛ける前から何度も訪れました。
タイ、マレーシア、インドネシアの一部、フィリピンなど。
大概が都市、名所旧跡の開けたところですが、時折郊外の道でバスから外をのぞくと素晴らしい東南アジアの風景をちらっと見ることが出来ました。

しかし、コーチツアーというものは団体が主体で数十人の人々を一気に運び移動させるために一番大切な物を端折ってています。
だから東南アジアの旅は暑くてごちゃごちゃしていて、臭くて、うるさくて、疲れるだけだという万単位の人々の感想があるはずです。

何て可哀そうな人々! なんてもったいない時間! なんてもったいない労力!
あそこにもここにも愛や夢や熱気や歓迎やゆとりや美があるのにほとんど味わう事無く旅行を終えてしまう。


ほんものの東南アジアの魅力、農村の姿はこれらなんです。


But of course rainy season also brings beautiful countryside.
a0010971_10202467.jpg
a0010971_10204530.jpg
a0010971_10205896.jpg
a0010971_1021859.jpg
a0010971_10211774.jpg


人間が住むところがここなんでしょう。

と写真見ながらパソコン叩いている自分が情けなくなります。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/18773716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-10-12 10:34 | トピックス | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour