クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

カンボジア・ツーリング|TT230

ヤマハのTT230について


a0010971_103212.jpg

カンボジアからのメッセージです。

私達は日本の皆様にTT230をお勧めします。
オフロードでの走行に置いて頼り甲斐があり、同レベルの重量のバイクの中で最もオフロード走行に適したバイクであるとの結論です。
私(写真)の身長は168cmですのでサイズやシート高はお分かり頂けるでしょう。



お客様の声
TTR230、とても良いバイクですね。
保安部品バージョンがあれば自分で買いたいくらいです。

足つきの件ですが、私は165cmですが、TTR230は全く苦になりませんでした。
カタログデータではシート高868mmとなっていましたが、もっと低く感じました。
車重も軽いので、旧型セローとあまり変わらない感じで乗れました。

私のオフ用バイクは昔のバイクですが、車高調整機能の付いたスズキDR250SHです。
油圧で車体が上下し、シート高はハイが870mm、ローが825mmですが、TTR230はローに近い感じでした。




【補足】
カンボジアにはホンダのディグリーがございますが、オンと兼用のため、現地サービスでは積極的にお勧めしていません。
足付きは良いのですが、重いことと、サスペンション機能が本来のオフには及ばないとのことです。


日本人の平均身長は2010年、男性が172、女性が158とのことです。
世界、特にバイクツーリングの主要顧客となる白人国家の平均身長は以下の通りです。
北欧やロシア、ドイツ、オランダ人などのゲルマン系+スラブ系で北の民族は概ね我々より10センチ背が高いことになります。
たかが10センチと言いますが、10センチ高い人とならんで見て下さい。
とても高い!と思いますね。
現在のバイクツーリングは白人顧客を主要に想定しているため、利用バイクは当然大きめになります。

尚、アメリカとオーストラリアとロシアはアジア系先住民族やアジア系移民が存在するため平均身長は低めなのだと思います。

【アジア】
日本---------170.7cm 157.9cm 2002年 17歳 国勢情報
中国---------169.7cm 158.6cm 2000年 成人 国勢情報
韓国---------173.3cm 160.9cm 2002年 17歳 国勢情報

【移民国家】
アメリカ------175cm 162.5cm 2001年 成人 国勢情報
豪州---------177cm 164cm 1995年 18歳 国勢情報

【ゲルマン語】
イギリス------178.1cm 164.2cm 1996年 15~25歳 国勢情報
ドイツ--------180.2cm 168.3cm 1996年 15~25歳 国勢情報
オランダ------182.5cm 170.5cm 1996年 15~25歳 国勢情報

【スカンジナビア】
スウェーデン--179.6cm 166.1cm 1996年 15~25歳 国勢情報
デンマーク----181.5cm 168.5cm 1996年 15~25歳 国勢情報

【スラブ】
ロシア--------175cm 162cm 2001年 成人 国勢情報

【ラテン】
スペイン-----173.4cm 164.3cm 1996年 15~25歳 国勢情報
イタリア------176.1cm 164.1cm 1996年 15~25歳 国勢情報




私は身長184、これがコンプレックスであることはご理解いただけると思います。
「歩く煙突」などと長い間言われてきました。
背が低い方が同様、コンプレックスを抱いているとしますと、それは残念無念。
数多くの英雄の中に身長が低い人がどれだけいたか。
ナポレオン・ボナパルト・・・
前足を上げた白馬にまたがるアルプス越え時のナポレオンの絵があります。
実は彼は馬に乗れず実際はロバだったそうです。

背が高いの低いのという身体的な問題は飽食の時代だからこそ着目される問題であり、また平均を尊しとする日本人のマインドが作った価値観でしょうか。
私は外国へ行って背の事で相手の態度が変わったことが全くありません。
背が低い人に何度もお世話になっています。
そして彼らが私を妬むこともありません。

また、私感では日本人は背が低い方が胆力があり、気丈で、優れた人物が多くり、バテ難いと思っています。
ライダーにしても背が低い方が精神的な緊迫感が増大し、それだけバランス感覚が研ぎ澄まされるという信頼できる意見もあります。


と、かなり長く身長の問題に触れて参りましたが、どれだけこの問題を追及するに時間を使っているかをお考えいただければ意気込みが伝わるのではと感じています。


背丈はどうしようもありません。
これに関してはバイクの選別や調整で対応させていただくことになります。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/18790710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-10-15 14:01 | トピックス | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour