クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ソフィア

ソフィアと言う地名は多くの皆さんがご存知かと思います。

私もこの地名はかなり前から記憶しました。

音・イメージが美しい・・・・
ソフィア・ローレンを思い出す方もいらっしゃるでしょう。

古代ギリシア語で、智慧・叡智を意味するソピアー(Σοφια)より派生した。現代ギリシア語ではソフィアとなる。ソピアーは女性名詞であるので、女性の名や都市の名、建造物などに使用される。ラテン語ではソフィア、フランス語ではソフィー (Sophie)、ドイツ語ではゾフィー (Sophie) となる。ソニア (Sonia) も同起源。

なんと、ゼットンに敗れたウルトラマンを迎えにきたゾフィーもソフィア。
カンボジアツーリング現地サービスオーナーのソニアもソフィア。



ソフィアはブルガリアの首都
ヨーロッパ最古の都市の一つであり、その歴史は7千年以上に及ぶ。
有史以前の集落跡が現在のソフィアの中心や王宮の付近、などで見つかっている。
トラキア人が最も重要視していた、鉱泉の周囲に町を築いた紀元前7世紀にさかのぼる城壁は良いコンディションで保存されている。
鉱泉は現在も湧水がある。時代の変遷とともに幾つかの異なる名前で呼ばれてきたソフィアの数千年にわたる歴史の痕跡は、今日でもその一部を見ることができる。

長い歴史を持つ、京都のような所ですね。
この町は大変静かな町で、危なっかしさは感じません。

a0010971_10261799.jpg
コバユリと走ろう!しられざるブルガリアの散歩道

この旅は稀に見る好条件に恵まれて始まり、終わりました。

アンゲル|デソ
ユリ
アツコ|ユミコ|イクコ|チハル|ヒデアキ
GZ250|TU250|CB250

メンバーは上記のとおりです。



写真は古都、ソフィアのシティーツアーの様子です。
真ん中のグラサン女性はガイドで、手に持っているボードの文字が印象的です。
何か月か前にBS放送で東欧特集がありましたが、その時のソフィアシティーツアーの映像にも同じ文字のボードが映っていました。
SOFIAのOとTOURのOがつながっています。


私はこの町を丸3日間散策しましたが、首都を感じさせる建物群や道路のネットワークは近代都市へ向かっているのだとの程度の意識でしかありませでした。
こんなに古くて歴史を持つ町であったと知ったらもっと違う感覚で町を眺めることができたのではとやや歯がゆい思いがしております。


ブルガリアの成立は681年。
ヨーロッパで最も古い、同一の場所に同一の名前を持つ国だそうです。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/18890947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-11-01 10:41 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour