クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

シルクロードの旅

今年の初め、2月12日にメールをいただきました。
メールの発信地は中央アジアの国、発信人はスイス人のパトリックと言う方です。

シルクロードは男女問わず、旅が好きでなくても興味と一種の空想の世界ができていると思います。
私自身シルクロードはそれほど強く惹かれる場所ではありませんでしたが、彼から頂いた素晴らしい写真を元に幾つかのサイトを眺めているうちにのめり込んでいきました。

a0010971_9335682.jpg
さて、スイス人・・・・・と聞いて皆様はどんなイメージを抱くでしょう?
私は最初にルーマニアを旅した時に出会ったガイドさんからスイス人の具体的な話を聞きました。
そのガイドさんは何か国語を操り、ドナウクルーズの会社で仕事をしていた事もあるそうで色々な国に滞在経験を持っていました。

「私はスイス人程冷たい人は会ったことがありません。例えばバーに入ってカウンターに座って隣にいるスイス人に声をかけても完全に無視されます。」
ある日本人にも聞きました。
「大変質素な人々です。夕食なんかめったにホットミールは出ませんよ。昨日の物を簡単に食べて終わり。」


たった二人から伺ったお話なので実際にどうなのかは分りませんが、私が今までパトリックさんと話した限り、彼はインターナショナルなセンスを持っていると感じます。

「日本人ツーリストは独特のアレンジが必要だ。手間がかかるし、直ぐに実績を残せるかどうかわからない。」
と私は答えました。
「そんなことは構わない。アレンジはできる限りするし、待つことも平気だ。私達はたくさんの国で仕事をしてきた。それぞれの国にはそれぞれの特徴があり、私はそれを理解し、合わせてきた。何も問題ない。」


英語に抵抗がおありの方で、しかし、シルクロードに興味がある。
白人の能力で構築された旅の信頼度は充分知っているが、如何せん彼らの態度が不安である。

このような皆様にとりましては最適なアレンジが想定されます。
現在のところ、来年3月に下見を実行し、実際に現場でなければ得られない知識や感覚、人脈を確認する予定です。

パトリックさんとのやり取りは通常行われるやり取りが大変スムーズで信頼できるものです。
インターナショナルな人間、優れた人間と交流することは、絶対にどなた様も啓発につながり、新たな世界を求める基盤になるはずです。

感情的で自己利益のためなら筋を簡単に曲げる・・・・・或いは筋そのものが自己利益である。

その様な人々とは、友達ならば構いませんが、一つの大仕事を成し遂げるためのチームは組めません。
簡単に裏切るし、自分のためならば仲間をも売ることができる人々です。

優秀な人間、経験豊富な人間、辛酸をなめているが前向きな人間と積極的に付き合う。
私は2011年の秋からこの考え方を徹底しています。


ご自身が外国語(英語)ができるかできないかではなく、シルクロードの旅を共にするその相手が優れているかどうかの目利をなさっていただけるように情報収集できればと考えています。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/19082640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-12-02 09:36 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour