クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

メコン・川イルカの町、クラティエ|カンボジア

カンボジア・メコンは天然の大河の姿が見られるところです。
護岸工事はありません。
増水するメコンの高さに合わせて人々の家屋が作られ、生活が営まれています。

そんな街の中で天下一品の町がクラティエです。
小さな町で落ち着いており、何より静かです。
何もない小さな町ですが、ここに3、4泊しても飽きはきそうにありません。

私の記憶で秀逸な出来事は夕暮れ時に川べりを歩いていた時にすーっと全身を包んだ川風です。
体を取り巻くように優しい風、最高に気持ちの良い風に包まれました。

ああ、なんて気持ちがいいんだろう・・・・・・・・・・・・・・・・



a0010971_9245618.jpg
Oudom Sambath ホテルです。
クラティエへ行かれるならこのホテルが絶対です。
ここ以外のホテルは知りませんが、ここを知ったらここ以外のホテルに泊まりたくはないでしょう。



a0010971_9264776.jpg
このテラスがこのホテルが秀逸である理由です。
部屋に落ち着いたら1回の売店で冷たいビールを買い、グラスを片手に三回のテラスへ向かいましょう。
至福の一時の始まりです。



a0010971_9294891.jpg
テラスからは雄大なメコンの流れが望めます。
素晴らしい大河の眺めと対岸のジャングルは正にインドシナ、メコンの姿です。



a0010971_93139.jpg
クメールの生活もご覧いただけます。
カンボジアは肥沃な土地で、市場には食べ物があふれています。
川の幸も当然市場に並びます。



a0010971_932118.jpg
そして忘れてはいけないのは河岸沿いの道のぶらぶら歩きです。
目的を決めずにぶらぶらしてほしいのです。
心が限りなくフリーで、あらゆるものを感じる余裕をキープなさっていただきたい。



a0010971_934825.jpg
この空と遠い陸と川、そして旅人の姿が絶妙な光の加減で納められた姿。
これが夕暮れ時のインドシナ、カンボジアの姿です。
貴重な時間です。



a0010971_93550100.jpg
遠くのジャングルが燃えるように赤く染まっています。
沈む太陽は楽しい夜の始まりです。
東南アジアの夜、カンボジアの夜は土のありがたみを感じる心地良い温度をキープしてくれます。
クーラーがギンギンに入った屋内ではなく、できれば外の外気と触れられるレストランでこれまた心地良い夜を満喫いただければと思います。

ふと目をやると、ヤモリが壁を這い、扇風機の風に当たり、自分が異国の空の下に居ることを実感するでしょう。

ディス・イズ・アナザー・ワールド!!
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/19093567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2013-12-04 09:41 | カンボジア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour