クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ローマの名残

7世紀までは東ローマ帝国領。
5世紀以降、スラヴ人が侵入し、次いでテュルク系の遊牧民族ブルガール人が侵攻して征服。
680年頃、スラヴ人を支配下に置き、東ローマ帝国に支配を認めさせて、ブルガリアを建国。
11世紀に第一次ブルガリア帝国は、東ローマ帝国に滅ぼされ、再び東ローマ帝国領となる。
12世紀末に再び独立した(第二次ブルガリア帝国)。
1242年、モンゴル人の侵攻によって打撃を受けて衰退。
1393年にオスマン帝国に滅ぼされた。
以後、500年間もの長きにわたるオスマン帝国の支配下に置かれた。


ローマ、スラヴ、ブルガール、モンゴル、オスマン、ロシア+共産主義・・・・その前にはトラキア。
たくさんの民族がやってきて、住んで、去り、今のブルガリアがあります。
我々には感じられない色々な思いがあるのでしょう。
人間は100年を経ず去って行きますが、何百年、或いは何千年単位で残る人の痕跡があります。
破壊と建設を得意とする人間ですが、保存も時には成されます。


以下はヒサルヤ、温泉で有名な町ですが、大きなローマの遺跡が残っています。
残っているというかほったらかしに近い状態です。

a0010971_10103648.jpg
ローマを象徴する門。


a0010971_1010475.jpg
記念に一つ石をもらってこうと思えばできる状態です。


a0010971_10105983.jpg
この塀の中に一般の民家があります。
何気なく・・・・
発掘されていない遺跡が地面の下にたくさん埋まっているとか。

首都ソフィアにもローマの遺跡があちこちにあります。
民間のビルディングの地下にも遺跡がむき出しで残っていました。
遺跡を保存するために建築許可を出さない場合、ソフィアはソフィアでなくなるかもしれません。
見飽きるほどどこにでも残っている状態です。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/19670423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2014-04-12 10:19 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour