クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

胡桃の里|アルスランボブ

a0010971_1631543.jpg
美しい山岳風景と共に過ごす人々の村。
アルスランボブと言う名の村です。
この村は胡桃の産地として有名で、尚且つスイスのある町と姉妹関係にあり、観光のアドバイスを得ているとのことです。


a0010971_16341364.jpg
3月上旬の大雪の後に訪ねました。
川を覆う雪と家並みの風景が美しい。


a0010971_16353774.jpg
私に「キルギスへ来い!」とのオファーをいただいたパトリックです。
オシュに家族と共に住んでおり、春から秋まで欧州人のお客さんのツーリングガイドを務めています。
ビジネスは好調で、特別私にオファーを投げかける商売上の理由はありません。
ではなぜ私にコンタクトがあったのか?

「異なるカルチャーの旅人が集まるツアーが面白いと思った。」からだそうです。

アジア人でホビーとしてのバイクツアーに予算をつぎ込める民族は今のところ、日本人くらいです。
日本には欧米に匹敵する長いバイクの歴史があり、ホビー感覚を知っている民族です。
韓国はこれからそれが伸びるかどうか?台湾も同じ感じでしょう。
中国は多分、私が生きている間にホビー感覚が浸透することはないと思います。
その他インドシナやインドなどでは一部の人々がバイクに親しんでいる程度で外国へツアーを組んでいく人々がどれだけいるかは疑問です。



a0010971_16422769.jpg
アルスランボブはオシュからウズベグ共和国を挟んでフェルガナ盆地の反対に位置する村です。
山々の間に延びるトレイルを走りながら長い歴史を持つフェルガナの文化と歴史に触れる旅がこの旅です。
シルクロードのメインルートの一つであったフェルガナ盆地をバイクで辿る。
いくつもの民族が興り消えて行った土地。
漢の王がこの盆地に育つ汗血馬が欲しくて軍隊を送った地でもあります。
最初にシルクロードを開拓した張騫もこの盆地に入っているとのこと。
2000年経ってバイクでこの地を旅することの楽しさを感じていただける旅にしたいと思っています。



当社では単に著名な場所から場所をつないで、日程とツアータイトルだけで安易に販売し、単にそこを走るだけで終わるツーリングは設定しておりません。
有名な土地を訪ねるだけならば他にも手段は幾らでもあります。
訪れる旅人が旅情を感じられるようなアレンジやアピールを一緒にさせていただいた上でその旅に興味を持っていただくことが先決です。
そしてなぜバイクなのかを感じ取っていただくことが大切だと信じています。

そのためには現地に精通したプロのガイドが欠かせません。
キルギスツーリングのガイドはスイス人ですが、彼等はそこに住み、複数のローカル言語を話し、現地に溶け込んでいます。
そしてツーリングをガイドした経験も大変豊富です。
センス有る旅にはセンス有るトレイルや道の選択が欠かせませんが、彼等はそんなことはこちらから言わずとも既に承知です。


私は彼らの人間性や知識、技術など基本的な能力を今回見て参りました。
結果、皆様を預けて全く問題ない人物、プロであると確認いたしました。
日本語は話しませんが、簡単な英語で充分コミニュケーションが取れます。
彼等が雇っているロシア人のメカニックなどはほぼ言葉が通じないそうですが、彼等はそんなことは気にしません。
大切な事が何かは分っていて、言語の違いなどはほとんど問題ないと考えており、正にインターナショナルな感覚の中に住んでいます。

お互い日本人で日本語を話すのになぜか通じ合えない人って結構たくさんいますよね。
それに比べればライダーの皆さんは遥かに彼等と通じ合えるはずです。
[PR]
トラックバックURL : http://cruise.exblog.jp/tb/19795033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cruise_tour | 2014-05-14 17:05 | シルクロード | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour