クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:インド|ヒマラヤ( 43 )

当社顧客ではありませんが、来シーズン以降にご案内させていただくラダック・ロード・オンリー・ツーリングではこのようなヒマラヤの風景の中を走り、別天地の空間を満喫いただく予定です。

4,000mの峠が2か所ありますが、それ以外は3400mを下回る高度ですし、舗装状態もよろしいので、アドベンチャーとは異なるカテゴリーのロード・ツーリングとなります。
実施可能季節も延長しますので、9月でも・・気温は落ちますが・・設定可能です。

レーからカルギル、そしてカルギルからアーリアン・バレーを走り、レーに戻るルートですが、かなり盛りだくさんで、かなり気を惹く山々の姿が随所に見られ、人間味あふれる里の姿もご覧いただけ、実際に村を散策する機会もございます。

4,000mを越える土地に長期間滞在することは、程度は別にして酸素の少なさの影響を受けますが、新しいコースでは、激しい運動をしない限り、大きな影響は受けないと想定しています。
ダートも工事中の箇所や奥まった村やゴンパに入る時以外はございません。

かなり前ですが、カルギルから先へ入り、スリナガルまで抜けるルートの美しさを絶賛していた外国人が居ました。
その入り口に過ぎませんが、道中に広がる絶景は尋常ではありません。

a0010971_14545343.jpg
[PR]
by cruise_tour | 2014-12-17 14:54 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)

ラダックの暮らし

ラダック渓谷の農業のメインは麦と果実&木の実だそうです。
写真はある村の風景ですが、このような村の風景を楽しみながらの旅となります。
a0010971_1037055.jpg
a0010971_10371258.jpg
a0010971_10372131.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-12-17 10:39 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)

緑のラダック渓谷

a0010971_14153128.jpg
こんなに瑞々しい風景もラダックにはあるんですね。
暖かさが感じられませんか?
[PR]
by cruise_tour | 2014-12-16 14:17 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)

ラダック渓谷

ラダック渓谷の、少し異なる景色をご覧ください。

a0010971_17221590.jpg
この写真の特徴は緑が大変豊かな点です。
遠くに見える雪山も魅力的ですね。

ラダックのこれまでの2ツアーは4000m以上を中心とする世界ですが、新しい企画では峠を除き、3400m以下を想定しており、舗装路も95%が完備されており、東のエリアとは異なります。
[PR]
by cruise_tour | 2014-12-15 17:26 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)
チャンタン高原のモリリ湖から西のエリアです。
湖は多分、カー・レイク
標高4000mの世界です。

a0010971_10323447.jpg
a0010971_10324244.jpg
a0010971_10324953.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-10-22 10:34 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)
インド・ヒマラヤ・ツーリング、有川氏から最新の写真をいただきました。
美しく、壮大な風景をご覧ください。

a0010971_14442664.jpg
a0010971_14443651.jpg
a0010971_14444580.jpg


ラダック・ツーリングは僅か3日ライドですが、4000mを越える高地であることで体力的負荷は増し、3日間ライドでも十分な走行達成感を感じていただいたそうです。
当社では十分な万が一の対応を想定しながらこの旅をお勧めいたしますが、このチャンタン高原と、東&北のパンゴンツォ&ヌブラ渓谷ルートは、アドベンチャーコースであります。
4000mという標高が人間に与える負荷は現場で体験していただきませんと理解できないと思いますが、高地障害は多くの方が感じるはずです。

しかしながらラダックでも3400m以下の標高のエリアがございますので、来年は上記2コースに加えて体力的負荷の軽い、完全なオンロードツーリングをご案内予定です。
こちらのコースはチベット文化圏に点在するアーリア人の村を訪ねる大自然と人々を網羅した村と山の旅とさせていただく予定です。
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-20 14:56 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)

キャガール湖への道

a0010971_9241594.jpg
平野さんから今年の夏の写真をいただきました。
チャンタン高原|ラダック

ここはチャンタン高原に入ったあたりです。
既に4700mに達しています。

高地障害は程度は別にして5割以上の方が感じたとのこと。
指先や唇がピリピリするような症状で頭痛を感じる。
けだるい状態・・・・

ダイアモックスを服用なさった方は症状が出なかったとのことですが、この薬は高山病のための薬ではないそうで、医師の処方箋が必要です。

日本登山医学会

酸素を平地より多く取り入れるための中枢神経を刺激するために適した薬のようです。


異世界に広がる見たことが無い風景を得るために必要なハードルかと存じます。
[PR]
by cruise_tour | 2014-09-26 09:35 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(2)

感動の風景

a0010971_16222437.jpg
標高4000mの世界です。
右側に見える集落がコルゾグです。
チャンタン高原、モリリ湖周辺で宿泊できる唯一の場所。

ラッダク・ツーリングでは今のところ、2コースがございますが、もう一つコースを設定予定です。

いずれ発表させていただきますのでご覧いただければ幸いです。
[PR]
by cruise_tour | 2014-09-19 16:26 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)


4000mの高地にある別天地でのライディングです。
解説無用の情景がご覧いただけます。


撮影:原さん
[PR]
by cruise_tour | 2014-09-02 14:44 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)
ラダック、チャンタン高原の旅、動画をご覧ください。
原さん提供です。




レー市を出て、インダス川沿いの道です。
「ウプシから先は未舗装です。途中から石をひいて舗装の準備をしています。」

グーグルマップではKARU、UPSHIなどの村落がご覧いただけますが、それらをつなぐ道です。

UPSHIはレー/マナリHWYとの分岐点です。
[PR]
by cruise_tour | 2014-08-22 13:52 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour